大尉の声

32 の用例 (0.00 秒)
  • 天洲大尉の声は低くてまるで友人とでも議論でもしているような調子です。 遠藤周作『月光のドミナ』より引用
  • その選抜された兵の長となる大尉の声に金森中尉は、思わず口を滑らせた。 九条公人『輸送艦おおすみ戦記』より引用
  • と応じたギャリティ大尉の声も聞いたバナージは、正面に戻した目を左右に動かした。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 10 虹の彼方に(下)』より引用
  • スミス大尉の声には有無をいわせぬ調子が混じっていた。 R・エイヴァリー『アルゴスの有毒世界』より引用
  • もしおれが軍曹の助言を受け入れなかったら、次に聞こえてくるのは、たぶん大尉の声ということになるのだろう。 ハインライン『宇宙の戦士』より引用
  • 大尉の声が通じたものか、アンは、薄目を開いた。 海野十三『英本土上陸作戦の前夜』より引用
  • これは天洲大尉の声でした。 遠藤周作『月光のドミナ』より引用
  • 大尉の声は、切れ切れに、蚊細かぼそく、夫人の援助をもとめたのだった。 海野十三『恐しき通夜』より引用
  • 電話に出てみると、たしかにラスキン大尉の声だ。 海野十三『海底大陸』より引用
  • 三好大尉の声 ゐなかつたよ。 岸田国士『写真(一幕)』より引用
  • 三好大尉の声 へえ、あいつ、馬鹿だなあ、思ひ出したやうに端書ばかり寄越しやがる。 岸田国士『写真(一幕)』より引用
  • 受話器から、司令ラスキン大尉の声が聞こえはじめた。 海野十三『海底大陸』より引用
  • ハリー・オード大尉の声に、キエルは目前のパネルをさするのをやめて顔を上げた。 福井晴敏『∀ガンダム(上)』より引用
  • 「大尉」 「何です」大尉の声は鼻持ちならないほど傲慢ごうまんだった。 エディングス『エレニア記5 聖都への旅路』より引用
  • イッフェル大尉の声がいまはじまった議論を中断した。 K・H・シェール『地球への追放者』より引用
  • 軍袴にへばりついて固まりかけた清永の血が、耳に残る仲田大尉の声が、おれたちの代わりに言ってくれと叫んでいる。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • 大尉の声に忌々しげな響きが交じった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 13 山口防衛戦2』より引用
  • 三好大尉の声馬鹿を云ふのはよせ。 岸田国士『写真(一幕)』より引用
  • まぎれもない川上機関大尉の声だった。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 馬場大尉の声が廊下にまでびんびん響き、廊下で小耳を澄ませている浩をはらはらさせた。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 次へ »