大尉と一彦

12 の用例 (0.00 秒)
  • 塩田大尉と一彦とは、しばらく無言で顔を見あわせていました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉と一彦少年とは、鍵穴の前にかがんで、ちょっと一息つきました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉と一彦少年とは、その扉の前に立ちました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉と一彦少年との話は、この家の主人大利根博士の上にくらい影をなげかけたことになりました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • そこには塩田大尉と一彦少年の顔も見えます。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉と一彦とは、左右にわかれて、室内をさがしはじめました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉と一彦とは、顔を見合わせてため息をつきました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉と一彦少年とは、艦隊旗艦にのっていました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉と一彦とは、しばらく中をじっとみつめていましたが、なにしろ真暗で、なにも見えません。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 大利根博士邸の実験室が、塩田大尉と一彦少年とをのせて、まるでエレベーターがさがるように、すうっと下におちていったのさえふしぎでありますのに、そのおちきったところで、実験機械をいれてある戸棚が、するすると横にすべって壁の中にかくれたのは、またふしぎです。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 大尉と一彦は、だいぶはなれた地下道のかげに、じっと息をころして、その爆破をまっていたのです。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 塩田大尉と一彦とは、顔をみあわせました。 海野十三『怪塔王』より引用