大尉が指揮

55 の用例 (0.00 秒)
  • おれが死ぬか、その能力を失った場合は、スミス大尉が指揮をとる。 R・エイヴァリー『クレイトスの巨大生物』より引用
  • 少佐と七人の大尉と五百人の兵士が戦死し、若いサバティエ大尉が指揮をとっていた。 ドイル/秋田元一訳『豪勇ジェラールの冒険』より引用
  • これはおおむね3機から6機の航空機によって編成されており、大尉が指揮官となる。
  • クラック・ストーン大尉が指揮する民兵は、砦の守備隊の多くが外に出ていたので手が足りなかった。
  • 二次攻撃なんか、翔鶴の白根大尉が指揮官で行ったですからね、よその艦の人が。 豊田穣『海軍軍令部』より引用
  • 飛行第五四戦隊の中隊長、板倉和平かずひら大尉が指揮所から声をかけた。 池上司『八月十五日の開戦』より引用
  • フリョーロフ大尉が指揮する実験砲兵隊が、7基のカチューシャを使用した。
  • 防衛のための主力は、クリスチャン・ブラウン大尉が指揮する小さな民兵隊だった。
  • この砦はジョン・ララビー大尉が指揮した。
  • それから、おれのいない間は、スミス大尉が指揮を取る。 R・エイヴァリー『タンタロスの輪』より引用
  • 必要な場合、県の参謀将校は中尉又は大尉が指揮する34人以下の県憲兵隊の援助を求めることができた。
  • 戦闘機は森茂大尉が指揮した。 豊田穣『ミッドウェー戦記』より引用
  • これに応じ、キンロック大尉が指揮する2500人の装備と準備の劣った部隊による遠征が行われた。
  • 五機の予備機を加え、十六機となったドーントレスの隊を、ステビンズ大尉が指揮して、午後一時すぎ、発艦することになった。 豊田穣『ミッドウェー戦記』より引用
  • この二十五機をエンタープライズ攻撃隊として、マクラスキーの部下のアール・ガラハー大尉が指揮することとなった。 豊田穣『ミッドウェー戦記』より引用
  • 極から極へもう一度まわってから、ロッド・ナイセン大尉が指揮をひきつぐ。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『02 銀河の神々のたそがれ』より引用
  • 飛行隊の中の最小の作戦単位である飛行小隊はA、B、C等の名前がつけられ、これは大尉が指揮した。
  • 隣の第861高地からは、ホリウチ大尉たいい指揮しきするエコー中隊の戦闘音せんとうおんが聞こえてきます。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集05 どうにもならない五里霧中?』より引用
  • 戦闘機中隊は通常中尉、あるいは大尉が指揮する。
  • 同時に、ズリーニはアメリカ海軍に就役させられE・E・ハズレット海軍大尉が指揮官に就任した。
  • 次へ »

大尉が指揮 の使われ方