大寒

全て 名詞
94 の例文 (0.01 秒)
  • 特に大寒に汲まれた水は「寒の水」といわれ、貴重なものとされている。 ...
  • 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の大寒前日までである。 ...
  • 出発したのは大寒のころで、そのあたりいちめん、雪におおわれていた。 ...
  • わたくしは、それを大寒の時分まで生かしておきたいものだと思っている。 ...
  • いったい、蝿というやつは、大寒の時分になんぞ出てくるものではない。 ...
  • それは大寒中には珍らしく暖かい、お天気のいい午後のことであった。 ...
  • もう、松飾りもきのうと過ぎて、大寒たいかんのひどい寒さがつづいていた。 ...
  • このように、この木が花をさかせる時期は、大寒のこうなのである。
  • 節気の期間としては四立の1つ前の、穀雨・大暑・霜降・大寒に含まれる。 ...
  • それは冬でも大寒だいかんといういちばん寒い季節きせつでした。 ...
  • スイッチョンは無事越年し大寒を元気よく迎えながら、これがもとで死んでしまった。 ...
  • 大寒と互いに半年後・半年前である。 ...
  • 上りホームの横に大寒桜が並んで植わっている。 ...
  • 丹霞和尚たんかおしょうは大寒の日に木仏を取ってこれをいたという話がある。 ...
  • あれは私が弘前ひろさきの高等学校にはいって、その翌年の二月のはじめ頃だったのではなかったかしら、とにかく冬の、しかも大寒だいかんの頃の筈である。 ...
  • 大本山薬王寺として現在も顕本法華宗の僧侶が大寒の時期に毎年行われるの際は必ず訪れることが常になっている。 ...
  • このちょっと姿を現わした太陽は、やがて六週間の大寒を示すものであって、あのマティユー・レンスベルグが次の古典的な二行の句を得たのもそれからである。 ...
  • 次へ