大学

全て 名詞
107,219 の用例 (0.03 秒)
  • 大学の敷地から外に出て商店街に入り、教授が言った方向へ彼は歩いた。 片岡義男『七月の水玉』より引用
  • 柄こそ大きくても青年は医科大学を出たばかりで二十五歳の助手だった。 岡本かの子『母子叙情』より引用
  • そこに将来のラジオによる新しい意味の大学教育機能があると想像される。 戸坂潤『世界の一環としての日本』より引用
  • はじめに帝国大学学生四、五名とこれを試みしに、さらにその成績なし。 井上円了『妖怪学』より引用
  • アジアの青年は現代的教育を受けるために、西洋の大学に群がってゆく。 村岡博『茶の本』より引用
  • 一八七七年大学令の改正委員が選ばれた時も、彼は仲間に入れられた。 寺田寅彦『レーリー卿(Lord Rayleigh)』より引用
  • 僕みたいに、帝大を中途でよした者には、この大学の建物たてものは恐怖の的だ。 太宰治『正義と微笑』より引用
  • 当時二十五歳大学の三年生になったばかりの自分であったのである。 寺田寅彦『海水浴』より引用
  • それまでに一度大学病院へ先生が連れて行って下さることになってゐます。 知里幸恵『手紙』より引用
  • それはつまり大学に入学した者の義務としてやることになって居る。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • ある家では次男息子が学問好きで大学まで行つてこの夏学士になつた。 田山花袋『ある僧の奇蹟』より引用
  • 彼はそのころ卒業に近かったが、ある下宿屋からまだ大学に通っていた。 佐左木俊郎『或る嬰児殺しの動機』より引用
  • それを両方とも大学へお下げを戴いた、私は非常に喜んだのであります。 高楠順次郎『東洋文化史における仏教の地位』より引用
  • 大学を出さえすれば、すぐにも金が取れるように彼の父や母は思っていた。 菊池寛『出世』より引用
  • この大学で単位を取ろうとしている彼女は、いまボストンへいっている。 片岡義男『頬よせてホノルル』より引用
  • その中で大学と専門学校程度の学生の生活を見当にして寸法を測って見る。 夢野久作『街頭から見た新東京の裏面』より引用
  • 大学の野球の選手で新聞にしょっちゅう名前が出ていたではないか。 太宰治『親友交歓』より引用
  • この点問題は大学講義の大衆的解放ということに関係しているのだ。 戸坂潤『世界の一環としての日本』より引用
  • そのうちに私も汐田も高等学校を出て、一緒に東京の大学へはいった。 太宰治『列車』より引用
  • どの大学も、製造を抑制するようずっと要請書を送ってきていました。 チャペック・カレル『RUR』より引用
  • 次へ »