大塚

全て 名詞
3,479 の用例 (0.02 秒)
  • 大塚はおろしてあった銃を肩にかけて藤葛の手比てごろになるのを待っていた。 田中貢太郎『忘恩』より引用
  • 濃紺で縁取りされた白いボタンが一つ、大塚の掌の中に残っていたのだ。 津村秀介『紅葉坂殺人事件』より引用
  • 大塚にしてみれば彼のいう「秘密」を無視することはできないのである。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • そのことは以前大塚研究室で助手をしていた牧田順子の保証つきだった。 宇神幸男『消えたオーケストラ』より引用
  • 大塚に住んで七年になるけれども、うぐいすの声を聞いたのは初めてだ。 南伸坊『笑う茶碗』より引用
  • そのはずだ、大塚さんと結婚した時が二十で、別れた時が二十五だったから。 島崎藤村『刺繍』より引用
  • 正直にいって、私にとっては大塚癌研とは近よりたくない場所であった。 加東康一『岳史よ、生命あるかぎり』より引用
  • そこで、母には内緒で大塚の病院を訪ねてみよう、と決心いたしました。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 俳諧史の単位をとりそこなった友人にたのまれて、大塚の家まで行った。 戸板康二『ちょっといい話』より引用
  • 彼女の実の娘もやはり、大塚環と似たような経緯で自らの命を絶った。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • 大塚の目は黙々としてカンヌキの修理をしている青年に向けられていた。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • 尾行されている感じを持ったのは、大塚のあたりまで来た時であった。 大藪春彦『戦いの肖像』より引用
  • 番作がたずかを伴って大塚に帰ってきたのは、それから三年後のことであった。 山田風太郎『八犬傳(上)』より引用
  • 大塚の方へ家が出来るかもしれないというのは秋からのことです。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 大塚はこれを番組を続けていく上の大きな活力として公言していたという。
  • 女中の頭がいいか悪いか、そんなことは大塚の知ったことではない。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • それは当時いろいろ相談にのってくれた大塚弁護士の言葉も影響しています。 伊佐千尋『法 廷 弁護士たちの孤独な闘い』より引用
  • そのような外交的な言葉を、大塚老夫人は無視してかかりましたね。 豊島与志雄『未亡人』より引用
  • 旅館の車が走り出した時、もう夕子と大塚の車はずっと先を走っていた。 赤川次郎『幽霊候補生』より引用
  • 大塚さんは気前のいい人ですから、いつも七、八十冊は贈呈しています。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • 次へ »