大型の外洋

11 の用例 (0.00 秒)
  • 北方にあるために港が冬の間は凍り、大型の外洋船舶が入れなかった。
  • この運河を大きなものにすればレクリエーション用途や大型の外洋船の航行も可能だった。
  • 第二次世界大戦終結後、ノルウェー海軍は、大型の外洋型潜水艦よりも、沿岸作戦により適した潜水艦を求めていた。
  • 稀ではあるが外洋に出ることもあり、バショウカジキのような大型の外洋性魚類や海獣に付いて泳ぐ姿が見られる。
  • ニシクロカジキが成熟した後は捕食者はほとんどいないが、主要なものとしてはアオザメやホホジロザメといった大型の外洋性のサメがある。
  • 宋代以降大きく発達し、河川や沿岸を航行する小型のものから、450~1300総トン程度で耐波性に優れた大型の外洋航行用のものまで多様な用途の船舶が造られた。
  • 雑多な民間船舶を徴用しているため、要目はほとんどバラバラだが、大型の外洋用と小型の沿岸用の2つのタイプに分かれる。
  • 大型の外洋船が入り込めるのがこの付近までであり、ロザーハイズとワッピングを結ぶ道路は船舶の航行を妨げないようテムズトンネルが建設された。
  • 大型の外洋船を所有する様になったものの、運航は大阪商船に委託して用船料を受け取ることが暫く続き、1959年にようやく自社での運航を再開した。
  • 大型の外洋性サメを避けられることと、十分な餌が得られることから、大陸棚外縁の岩礁を幼体の成育場として用いる。
  • その後、独客船ブレーメン、仏客船ノルマンディーなど、主に速度と燃費の良さの両立が要求される大型の外洋船、特に客船主体に普及していった。