大坂

全て 名詞
7,268 の用例 (0.01 秒)
  • 大坂の攻城戦には参加したが、それはただ参加したというのみであった。 井伏鱒二『小説日本芸譚』より引用
  • これは即ち私にとっては、西鶴は大坂人であったということを意味する。 織田作之助『わが文学修業』より引用
  • 本願寺も大坂の各寺の他に、五十一の端城はじろを設けて織田軍に対抗した。 茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』より引用
  • しかし信長はそれを、このあたりの在所の名前をとって、大坂と改めた。 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・本能寺の変』より引用
  • 大坂城を逃げ出したときのあの方の卑怯さは絶対に許せるものではない。 綱淵謙錠『斬(ざん)』より引用
  • よく大坂人に見るやうに物を云ふ時その口尻に唾を溜める癖があつた。 田村俊子『木乃伊の口紅』より引用
  • 一つには大坂が江戸から帰国する道の途中にあるせいでもあった。 平岩弓枝『火宅の女-春日局』より引用
  • しかし大坂方の軍勢の中では、波の輪のように家康着陣の話が広まった。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 大坂にも兵を送ろうと一瞬考えたが、兵の余力がなくなる不安を感じた。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 大坂定番の支配下に属し、地元で採用した手代五人を下役に使っている。 杉本苑子『絵島疑獄(上)』より引用
  • 秀吉公から長年頂いた義理に報いるとの一言で、大坂方に味方していた。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 大坂落城は、この夏の陣が始まった時から明らかだったといってよい。 平岩弓枝『火宅の女-春日局』より引用
  • 大坂の町に進出した鴻池屋の清酒は遠い江戸の地でも飛ぶように売れた。 松井今朝子『辰巳屋疑獄』より引用
  • 大坂戦争が終った翌年の四月十七日に、徳川家康は七十五歳の生涯を終えた。 池波正太郎『火の国の城 下』より引用
  • 午後になると、教如以下の門徒を迎えに来た数百の船が大坂の海に現れた。 茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』より引用
  • 大火のあと大坂の町は一変し、それは木津屋のありようにも響いている。 松井今朝子『辰巳屋疑獄』より引用
  • しかし高台院の言葉が真なら、大坂城の主であるお拾いの父親は誰なのか。 茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』より引用
  • 玄瑞が来ないものとして、大坂に向かう船に乗るつもりだったらしい。 古川薫『花冠の志士小説久坂玄瑞』より引用
  • その正月そうそう、家臣から大坂城へお移り下さいとの話を聞かされた。 星新一『城のなかの人』より引用
  • また、そなたらの妻子を豊臣奉行たちが人質として大坂城に集めておる。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 次へ »