大喜び

2,205 の用例 (0.00 秒)
  • 春夫さんは許されて、美代子さんを連れて大喜びでおうちへ帰りました。 夢野久作『クチマネ』より引用
  • パパは自分が先によばれたということぐらいで大喜びする小人ではない。 なだいなだ『パパのおくりもの』より引用
  • 自分たちの作りあげたこの重い筏が動くのを見て、みんな大喜びだった。 ヴェルヌ/金子博訳『二年間の休暇(15少年漂流記)』より引用
  • この話で、三人とも大喜びするだろうと期待していることは明らかであった。 モーム/田中西二郎訳『ロータス・イーター』より引用
  • 周囲に誰か研究員がいたら、きっとその笑顔に大喜びで反応したことだろう。 中井拓志『アリス Alice in the right hemisphere』より引用
  • 普段は大喜びしてしまうのだが、その店は一種異様な雰囲気だったのである。 群ようこ『アメリカ居すわり一人旅』より引用
  • ここで馬車を返したが、馬車屋は十二分の謝礼をもらって大喜びであった。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • おふみに別の思案があることにまでは気が回らず、ふたりは大喜びした。 山本一力『あかね空』より引用
  • 機体から降りた宗介は、大喜びする整備クルーたちに囲まれてそう言った。 賀東招二『フルメタル・パニック!08 燃えるワン・マン・フォース』より引用
  • 自分ではする気がない結婚式が経験できるなんて、と私は大喜びした。 群ようこ『無印結婚物語』より引用
  • それをあなたも大喜びで「お帰りなさい」などと迎えてはいけません。 梅田みか『愛人の掟3』より引用
  • 私が作ったこの風呂に、日本人の地質学者らも大喜びで入りはじめた。 ニコル『C・W・ニコルの自然記』より引用
  • それまで規則があり、猫も飼うことが出来なかった母は大喜びだった。 林真理子『初夜』より引用
  • 彼も大喜びして、我が家は一転して、明るい雰囲気に包まれたのである。 群ようこ『無印おまじない物語』より引用
  • その反面、半透明のごみ袋を作ることになった人たちは、大喜びである。 群ようこ『猫と海鞘(ほや)』より引用
  • 先生御自身ごじしんは、あたらしい経験けいけんをするので、子どものように大喜おおよろこびでした。 ロフティング『ドリトル先生物語07巻 ドリトル先生と月からの使い』より引用
  • 彼女は彼が作品を読んであげると約束したものだから、大喜びで帰っていった。 群ようこ『無印不倫物語』より引用
  • そこへたとえ電話ででも弟子入り志願者がついたというので、大喜び。 星新一『なりそこない王子』より引用
  • これがファニーだったら、きっと面白がって大喜びするんでしょうけど。 橘香いくの『ブランデージの魔法の城1 魔王子さまの嫁取りの話』より引用
  • もと、二十日も旅行して来た彼を、自分はどんな大喜びで歓迎しただろう。 宮本百合子『伸子』より引用
  • 次へ »