大喜びで迎え

17 の用例 (0.00 秒)
  • という時に、老人力が発見されて、この発見は人々に大喜びで迎えられた。 赤瀬川原平『老人力 全一冊』より引用
  • ウッドハウス氏ですら、前は渋っていたのに、今は大喜びで迎えていた。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(下)』より引用
  • パコとキケが「店の看板娘になる」と大喜びで迎えたことは想像できる。 野沢尚『龍時(リュウジ)02―03』より引用
  • わたしが、むこうの半分のふねりうつると、みんな大喜おおよろこびでむかえてくれました。 ロフティング『ドリトル先生物語02巻 ドリトル先生 航海記』より引用
  • 家につくと、父親が大喜びで迎えてくれた。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(上)』より引用
  • 大喜びで迎えなければならない。 藤本和子『オリエントの舌』より引用
  • てっきり私を死んだものと思い込んでいた妻子たちは、大喜びで迎えてくれました。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • お城では、二人を大喜びで迎えました。 太宰治『ろまん灯籠』より引用
  • お城では二人を、大喜びで迎えました。 太宰治『ろまん灯籠』より引用
  • この提案はもちろん、大喜びで迎えられた。 ヴェルヌ/金子博訳『二年間の休暇(15少年漂流記)』より引用
  • この使者は大喜びで迎えられました。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(上)』より引用
  • 大喜びでむかえてくれるにちがいねぇさ。 香月日輪『大江戸妖怪かわら版① 異界から落ち来る者あり 上』より引用
  • 三蔵をはじめ商家の人々は、行者が妖怪を捕えて帰ったのを見て、一同大喜びで迎えた。 呉承恩/檀一雄訳『西遊記(上)』より引用
  • しかし、食糧難だった当時、宿泊する宿では食料を持参してくるため、筏師は大喜びで迎えられたようである。
  • かれらは私を大喜びで迎え、私の冒険談から今の立場がぱっとしていないのを察し、軍の外套を着ていたもんで、猟騎兵少尉の階級にならないかとすすめた。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(1)』より引用
  • 七十歳過ぎの小柄な老夫人は泰子さんを大喜びで迎えて「ポポン・タンラン、ポポン・タンラン」と呼んだ。 近藤紘一『戦火と混迷の日々』より引用
  • ロンドンの街中をつき添っていくトンクスとマッド・アイが到着したときには、全員が大喜びで迎え、マッド・アイが魔法の目を隠すのにあみだに被った山高帽を笑った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05b ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(下)』より引用