大喜びで帰り

20 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女は彼が作品を読んであげると約束したものだから、大喜びで帰っていった。 群ようこ『無印不倫物語』より引用
  • 何も知らない番頭は、しきりにお時宜じぎを重ねながら、大喜びで帰りました。 芥川龍之介『トロッコ・一塊の土』より引用
  • 何も知らない番頭は、しきりに御時宜おじぎを重ねながら、大喜びで帰りました。 芥川竜之介『仙人』より引用
  • 子供たちは大喜びで帰って行った。
  • そして大喜びで帰って行きました。 坪田譲治『日本むかしばなし集 1』より引用
  • 車賃五十銭に手間賃の二十銭をそえて渡すと、車屋は大喜びで帰っていった。 光瀬龍『征東都督府』より引用
  • その翌年独りで横浜に参りまして色々のおもちやを沢山買って大喜びで帰りました。 小泉節子『思い出の記』より引用
  • あくる朝、夫は起きだして妹のところへ行き、小さいおいを連れて大喜びで帰ってきたの。 アレティーノ/結城豊太訳『ラジオナメンティ』より引用
  • 二人とも大喜びで帰った。 大杉栄『自叙伝』より引用
  • 宗太郎が気易く承知して、舟木又兵衛は大喜びで帰って行った。 平岩弓枝『御宿かわせみ 12 夜鴉(よがらす)おきん』より引用
  • 山崎楽堂氏は大喜びで帰ってこの旨を全教授に通告した。 夢野久作『近世快人伝』より引用
  • それで大喜びで帰って行ったビリーが清子はあわれに思えた。 岩井俊二『スワロウテイル』より引用
  • 青年は恐縮して繰返し礼をいい、志功の東京の住所を聞いて、大喜びで帰って行った。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(下)』より引用
  • 荷揚げもなんの不都合な事件もなしにすみ、利潤を上げ、大喜びで帰って来ました。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • 警察は「ああ、事件と違ってよかった」と大喜びで帰ったが、龍村にしてみれば、いかにも拍子ひょうし抜けである。 椹野道流『鬼籍通覧3 壷中の天』より引用
  • おれの弟も、つまり浩美の義理の父親も決して大喜びで帰ったわけではなかった、と賢一はおもった。 深田祐介『暗闇商人(下)』より引用
  • じゅうぶんにお酒を飲み、ご飯を食べて、またいくらかの鳥目ちょうもくをもらって西念は大喜びで帰りました。 今村信雄編『古典落語(中)』より引用
  • るいの返事に、長助は大喜びで帰って行った。 平岩弓枝『御宿かわせみ 19 かくれんぼ』より引用
  • その晩おそくまで、おばあちゃんとさしでこいこいをしてお土産を持って大喜びで帰って行った。 青島幸男『人間万事塞翁が丙午』より引用
  • 獄卒はその通りにやってみると、果たして金を見いだしたので、大喜びで帰って来て、あくる朝はひそかに酒と肉とを獄内へ差し入れてやった。 岡本綺堂『中国怪奇小説集』より引用

大喜びで帰り の使われ方