大喜びでし

49 の用例 (0.00 秒)
  • 私たちがお屋敷に戻る道々、村の人たちはその格好を見て大喜びでした。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(3)』より引用
  • 先生御自身ごじしんは、あたらしい経験けいけんをするので、子どものように大喜おおよろこびでした。 ロフティング『ドリトル先生物語07巻 ドリトル先生と月からの使い』より引用
  • 彼女は肌衣がお尻に触れないくらいにそっくり返って大喜びでした。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(中)』より引用
  • 家来衆はみな大喜びです、しばらくいたしますると殿様が呼んでござる。 笑福亭松鶴『上方落語100選(2)』より引用
  • ちょうど季節は秋が深くなる頃で、熱い酒の香に彦次は大喜びです。 林真理子『本朝金瓶梅』より引用
  • わしらはそれこそ大喜びでしたよ、神さまのお導きであの人が帰ってきたんでね! トルストイ/北垣信行訳『トルストイ民話集1「イワンの馬鹿」』より引用
  • この話を致しますと、ヘルンは『如何に面白い』と云って大喜びでした。 小泉節子『思い出の記』より引用
  • そこで、オシツオサレツは、ここにきてよかったと、とくに大喜おおよろこびでした。 ロフティング『ドリトル先生物語01巻 ドリトル先生 アフリカゆき』より引用
  • 主人の弟が生まれた時も大喜びでした。 和田はつ子『薬師』より引用
  • じゃあバンディさんはあんたと話ができて、大喜おおよろこびでしょうよ。 エクトール・マロ『家なき娘〔上〕』より引用
  • 姉娘も、妹娘も、おまねきを受けたので、それはそれは大喜びでした。 水谷まさる『シンデレラ』より引用
  • 私たちの小さな部屋はまるで船室みたいで、チャーリーはすっかり大喜びでした。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(3)』より引用
  • 三十人の部下はもう世界長の首尾がいいので大喜びです。 宮沢賢治『ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記』より引用
  • 若い連中は大喜びでしたよ。 高橋克彦『私の骨』より引用
  • ところがみんな大喜びでしてな。 藤沢周平『喜多川歌麿女絵草紙』より引用
  • 家族がいても、一応大仰おおぎょうに悲しんだりしますがいなくなってくれて内心大喜びでしょうね。 時雨沢恵一『キノの旅 第04巻』より引用
  • きっと会ったら大喜びですよ。 シェイクスピア/三神勲訳『じゃじゃ馬ならし』より引用
  • 子供相手に主導権が完全に握れるんだから、大喜びでしょう。 野村進『アジア新しい物語』より引用
  • 百姓たちは大喜びでした。 半村良『わがふるさとは黄泉の国』より引用
  • あの人は大喜びでした。 ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(上)』より引用
  • 次へ »