大友

全て 名詞
2,976 の用例 (0.02 秒)
  • だから大友君には、私の手術に対する特殊条件を十分伝えられなかった。 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(下)』より引用
  • それとほぼ同時に、後を追ってきた大友や中臣金らが、そこに現われた。 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・壬申の乱』より引用
  • またデビューの際に大友の影響からの脱却を意識したとも語っている。
  • 私や大友さんが必ず参加できるように、場所と時間が決められました。 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(上)』より引用
  • 私たちはやっとその大友郷を離れ、湖西をまわる国道一六一号線へ出た。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 03』より引用
  • これだから二人が喧嘩をないで一ヶ月以上も旅行が出来たのだと大友は思った。 国木田独歩『恋を恋する人』より引用
  • さらに大友氏の本拠地豊後へ侵攻を開始し一時は現在の大分市まで迫る。
  • その後は島津氏の家臣として沖田畷の戦いや大友氏との戦いに参戦する。
  • 加えて九州での同盟国である大友家からの援軍も少数に留まっていた。
  • 明治時代初期に当時の東成郡大友村に設置された学校を起源とする。
  • 分かっていたが菊池、大友両将だけを例外とすることはできなかった。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • この変が起きなければ、後の大友宗麟は存在していなかったといえる。
  • 大友さんの技術は低くない、という言葉の真意はそういう意味だったのか。 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(下)』より引用
  • それよりも、十市が夫の大友とうまくいくことの方が大事である。 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・壬申の乱』より引用
  • ワリニャーニの一行を乗せたのは大友宗麟の提供した大きい船ヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽである。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 龍造寺家は大友軍撤退後も表面上は大友氏への従属の姿勢を取り続ける。
  • 少なくとも、これまで九州では、龍造寺も大友も島津の敵ではなかった。 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・本能寺の変』より引用
  • 宗運は北は大友氏、南は相良氏と同盟を結ぶことで阿蘇氏の独立を保った。
  • その五日の後、十一月三十日大友の軍は島津の軍に大敗したのである。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • この寺も大友氏館と同様に1586年の島津氏侵攻の際に焼失したとされる。
  • 次へ »

大友 で始まる単語