大卓子

49 の用例 (0.00 秒)
  • と叫ぶと眼がくらみそうになった私は、思わず大卓子テーブルの上に両手を支えた。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • と云い云いまだ湯気を吹いている新らしい土瓶を大卓子テーブルの上に置いた。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • こう云ううちに正木博士は大卓子テーブルの北の端にピタリと立止まった。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • と言い言いまだ湯気を吹いている新しい土瓶を大卓子の上においた。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • 大卓子の端に両手を突っ張って、穴の明くほど正木博士の顔を見た。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • と言い終らぬうちに正木博士は両手を卸して、大卓子の端をドシンと叩いた。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • と云い終らぬうちに正木博士は両手を卸して、大卓子テーブルの端をドシンと叩いた。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • こう言ううちに正木博士は大卓子の北の端にピタリと立止った。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • 卓子テーブルの端に両手を突張って、穴の明くほど正木博士の顔を見た。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • しかし、大卓子テーブルの上の書類は誰が片附けたものか、もとの通りにキチンと置き並べてあった。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • しかし、大卓子の上の書類は誰が片付けたものか、旧の通りにキチンと置き並べてあった。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • 長い長いふるえた呼吸いきを腹の底から吐き出しながら、大卓子テーブルに両肱を突いた。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • もくもくした灰色又は白の積雲に支えられ、宙に泛んだ大卓子のように見える。 宮本百合子『対話』より引用
  • そのほか大卓子テーブルの上には、茶を飲んだ形跡あともなければ、物を喰べた痕跡なごりもない。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • その間に若林博士はグルリと大卓子をまわって、私の向側の大きな廻転椅子の上に座った。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • その間に若林博士はグルリと大卓子をまわって、私の向う側の大きな廻転椅子の上に坐った。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • と云ううちに正木博士は、私の手をグングンと引っぱって、大卓子テーブルの処へ連れて来て座らせた。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • その中央の大卓子の上にはトテモ炭坑地方とは思えない立派な洋食の皿と、高価な酒瓶が並んでいる。 夢野久作『女坑主』より引用
  • と言ううちに正木博士は、私の手をグングンと引っぱって、大卓子のところへ連れて来て坐らせた。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • と言いながら、その名刺を大卓子の上に投げ出しました。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • 次へ »