大勇士

10 の用例 (0.00 秒)
  • そして班長には、有名なる戦闘機乗りの大勇士である左倉少佐が就任した。 海野十三『宇宙戦隊』より引用
  • ああわれらの大勇士川上機関大尉の運命やいかに? 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 壮図はついに空しく、わが大勇士川上機関大尉は飛行島の下甲板に散るのであろうか。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • この下士官こそ、誰あろう、われ等が大勇士、川上機関大尉、その人であったのだ。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • いうまでもなく、この東洋人こそ、われらの大勇士、川上機関大尉の変装姿であったのだ。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • しかし私はいま、全米国民を代表して、大勇士であるあなたに、大きな大きな感謝と尊敬とをささげます。 海野十三『太平洋魔城』より引用
  • 天狗退治の大勇士とあって団九郎は得意満面で盃を重ねている。 山中貞雄『武蔵旅日記』より引用
  • 小浜兵曹長はどこまでも、沈着な大勇士でありました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • われ等の大勇士川上機関大尉が危い! 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • それほど恐れ入った馬も暫く見馴るれば何ともなくなり、今度は南北米の土人ほど荒馬乗りの上手はなしというほどその業に熟達し、ダーウィンの『探検航行記ジョーナル・オヴ・レサーチス』に南米土人が幼子を抱え裸で裸馬を擁して走り去る状を記し、真に古ギリシアの大勇士の振舞いそのままだと言い居る。 南方熊楠『十二支考』より引用