大分空港

87 の用例 (0.00 秒)
  • なお、定期航空路がある最寄りの空港は大分空港または熊本空港である。
  • それが這っているのを見つけたのは、大分空港をって、やがてであった。 梅崎春生『幻化』より引用
  • 大分市内から大分空港へは、バスで別府を経て国東半島に沿って空港へ向かう。 谷川一巳『世界の「空港」物語』より引用
  • 大分空港に着いた頃から、薄い雲が空に張り始めた。 梅崎春生『幻化』より引用
  • 世界でも珍しい空港アクセス交通があるのは大分空港だ。 谷川一巳『世界の「空港」物語』より引用
  • 大分空港は大分県北東部の海岸部にあるため、大分県内でも西部や南部からのアクセス性は高くない。
  • しかし現在は大分空港への自動車専用道路が開通しているため、以前ほどの利用価値はなくなってしまった。 谷川一巳『世界の「空港」物語』より引用
  • 周辺には既に山口宇部空港・大分空港・福岡空港があり、利用客の獲得競争が起きている。
  • 皮肉にも路線廃止から一か月後、大分空港が、大分市内から安岐町へ移転することが正式に発表された。
  • 大部分の人が大分空港から北上するそうだ。 山口瞳『草競馬流浪記』より引用
  • 新潟-佐渡や大分-大分空港などがその代表的な例である。
  • 柿崎仁が大型のボストンバッグと風呂敷包ふろしきづつみを抱えて大分空港へ降り立ったのは、一年前の昭和四十二年五月八日の午後三時過ぎのことだ。 高杉良『生命燃ゆ』より引用
  • そのことは、しばらくあとで知ったのだが、その後われわれ三人が大分おおいた空港に降り立ったときの写真をグラビアに載せた雑誌が、偶然本の山のあいだから出てきた。 吉行淳之介『贋食物誌』より引用
  • 日出ICで接続する大分空港道路とともに、地域高規格道路の大分空港道路を構成する。
  • 湯布院高速リムジンバスは、由布市湯布院町と大分空港を結ぶ連絡バスである。
  • 羽田から大分への直行便を選んだ津野田は、二時間余りの飛行で定刻通りに大分空港へ降り立った。 半村良『闇の中の黄金』より引用
  • 佐臼ライナーは、大分県南部の佐伯市、臼杵市と大分空港を結ぶ連絡バスである。
  • 大分空港へ着いたのが九時半で、かなりのんびり走らせて来たつもりだったが、それでもホテルには正午前に着いていた。 半村良『闇の中の黄金』より引用
  • 大分空港は、大分県国東市にある空港である。
  • この事故により、旧大分空港の構造的欠陥が浮き彫りとなり、本格的な移転の構想が持ち上がった。
  • 次へ »

大分空港 の使われ方