大分朝日放送

全て 名詞
33 の用例 (0.00 秒)
  • 以前は大分朝日放送にアナウンサーとして勤務していた時期もあった。
  • テレビ朝日系についても同様で、大分朝日放送が担当していたことがある。
  • この回以降、番組は朝日放送と大分朝日放送の2局で放送されている。
  • これにより大分朝日放送開局当時から在籍していたアナウンサーはすべていなくなった。
  • 宮地 靖子は、福岡県出身の元大分朝日放送のフリーアナウンサーである。
  • 大分県では後にネット局が大分朝日放送へ移行したものの、現在2局ともに同番組の放送を取りやめている。
  • 大分朝日放送は開局日の関係で最終回のみ放送した。
  • 本番組の終了により、開局当時から放送されていた大分朝日放送の番組は『OABニュース』のみになった。
  • 大分朝日放送株式会社は、大分県全域を放送対象地域としたテレビジョン放送事業を行っている、特定地上基幹放送事業者である。
  • 大分朝日放送は2011年まで2回戦も中継されていた。
  • 番組開始当初はKBCのほか、出演者の出身地である長崎文化放送、熊本朝日放送、大分朝日放送の4局ネットでスタートしたが、その後に他の九州・山口・沖縄のテレビ朝日系列局でも次々とネットを開始するようになった。
  • 大分朝日放送開局以来、初のイメージキャラクターである。
  • テレビ大分は1970年に開局して以来、ANNの昼のニュースを放送していたが、1993年に大分朝日放送が開局してANNを離脱することになったためにこの番組をスタートさせた。
  • なお大分県で現状最後発である大分朝日放送は、特にデジタル放送でも中継局がない地域もあり、直接UHFアンテナを張って受信することができない、ないしは受信できても良好な画質を得られない地域も存在するため、その地域では上記周辺県のテレビ朝日系各局を利用する場合もある。
  • テレビ朝日系列局の長崎文化放送・熊本朝日放送・大分朝日放送・鹿児島放送でも放送されている。
  • 長らく関東ローカルでの放送であったが、2011年10月からは大分朝日放送でのネットが開始され、2014年5月現在では、テレビ朝日を含む7局で放送されている。
  • そらぽは、大分県にあるテレビ朝日系列の放送局である大分朝日放送のマスコットキャラクター。
  • 大分朝日放送唯一の男性アナウンサー。
  • その後、1993年10月に大分朝日放送および山口朝日放送が開局し、これらがネット局に加わった。
  • なお、大分朝日放送と琉球朝日放送は最新月のみの紹介で、テレビ宮崎は自社番組のみの審議を行っている。
  • 次へ »