大分川

121 の用例 (0.00 秒)
  • 大分川を超えてしばらくすると、大分川支流の花合野川沿いに登坂する。
  • 大分川からの分岐後の両岸は平和市民公園として整備されている。
  • 大分川にかかる府内大橋の近くにある大分県立の高等学校・中学校である。
  • 大分川水系最大規模のダムであり、芹川ダム以来の多目的ダムである。
  • 大分市の中心部、大分川付近に位置し、オフィス街、官公街に近接する。
  • 大分川の市街地区域に一般道の新たな橋が架けられるのは、約半世紀ぶりである。
  • 大分川と大野川が形成した三角州とそれらの間の沖積平野とからなる。
  • 大分市の中心部、大分川と住吉川に挟まれた地域を主な校区とする。
  • これは大分川水系における重要なダムであるとの意味から、大分川ダムと命名されている。
  • 全てが広葉樹林の自然林に包まれ大分川の源流の一つである。
  • 男が蹴破った結果湖は盆地となり、その跡を現在の大分川が流れるようになったという。
  • 大分川ダムは大分県大分市、一級河川・大分川水系七瀬川に建設中のダムである。
  • 中学生になっていたが、僕らの遊びにとって大分川は切っても切れない関係になっていたのだ。 赤瀬川隼『人は道草を食って生きる』より引用
  • さらに、1960年代からは大分川から取水を行うようになった。
  • 建設中のダムとしては大山ダムのほか大分川支流の七瀬川に建設されている大分川ダムがある。
  • 大分川の派川で、大分市岩田町で大分川から分かれ別府湾に注ぐ。
  • 七瀬川に建設中の大分川ダムが完成するまでは大分川水系最大、そして唯一の多目的ダムでもある。
  • 夏休みになると毎日のように大分川に行った。 赤瀬川隼『人は道草を食って生きる』より引用
  • 大分川が東流から北流に転じる地点に架かる橋で、大分市の中心部と稙田地区を結ぶ。
  • 残る4ダムは何れもダム事業再検証対象ダムとなったが、大分川ダムは事業が再開している。
  • 次へ »

大分川 の使われ方