大分大学

全て 名詞
22 の用例 (0.00 秒)
  • 事務局を大分県大分市大字旦野原700大分大学教育福祉科学部に置いている。
  • 設立以来の大分市字上野の校地は大分大学経済学部に継承されたが、1969年に同市・旦野原校地に移転し現在に至っている。
  • 大分大学教育学部付属小学校、同中学校時代にクラブ活動として落語研究会に入る。
  • 中津校地は後身の大分大学学芸学部に継承され、中津分教場となった。
  • 駅名が示すように、大分大学旦野原キャンパスが駅の近くにある。
  • 在籍していた大分大学が2007年よりeラーニングと通常の講義を組み合わせた科目を本格導入したことから、尾澤は双方向性を生かした授業スタイルに力を入れた。
  • また、1994年には大分大学の北野正剛らによって腹腔鏡補助下幽門側胃切除術が発表されてきた。
  • 日本の大学とは、大分大学・別府大学・広島市立大学と学術交流協定を締結している。
  • 大分大学医学部附属病院は、大分県由布市の大分大学挾間キャンパス内にある大学病院である。
  • 大分大学在学中、漫画研究会に参加する傍ら、自身のサイト『週刊メロンコリニスタ』に四コマ漫画を掲載し始める。
  • また、両県には、立命館アジア太平洋大学、大分大学、九州保健福祉大学、宮崎大学といった研究・人材育成拠点がある。
  • また、左翼の「天皇戦犯論」に対しては、東京裁判批判で応酬し、大分大学、九州大学、長崎大学等では、式典を襲撃した完全武装の全国反帝学生評議会連合の戦闘部隊に武装して応戦し、いずれも撃退している。
  • 大分大学は、学部学科は工学部環境福祉工学科建築コースである。
  • 最近では別府の多彩な泉質の源泉から取れる色とりどりの温泉泥の利用を、大分大学医学部、広島大学、日本文理大学、パドヴァ大学、大分県産業科学技術センターなどが共同で研究し、温泉泥美容ファンゴティカが開発されるなどしている。
  • 町内の佐藤悌てい医師は民俗学に趣味を持つ人、高校の教師などが土器破片を弥生やよい式と鑑定するに服さず、縄文時代でも古きほうと信じて、これを大分大学の考古学専攻の富来隆教授に報じた。 松本清張『過ぎゆく日暦』より引用
  • 旧大分医科大学の「医大祭」の流れを汲む行事で、旧大分大学との統合により2003年に現在の「医学部祭」に改称された。
  • また、本道起点からバイパスの分岐点を経てバイパスの終点までは、南寄りを走る国道442号、国道210号に対してバイパスの役割を果たしており、大分大学医学部前を通ることから、通称医大バイパスまたは医大通りと呼ばれる。
  • さらにまた、佐賀大学、大分大学、岡山大学、都留文科大学等々の非常勤講師を務め、晩年には林竹二学長に要請されて宮城教育大学授業分析センター教授に就任し、定年まで半年間であったが横須賀薫教授を援けて「教授学」の講義と演習を担当し、教師養成教育に努めた。
  • 国道10号を進み、大分大学入口交差点で左折、立体交差をくぐって国道西側の丘へあがり、大分大学正門停留所へ至る。
  • ざびえる本舗としての創業後は、商品を「ざびえる」と2002年1月に発売を再開した「瑠異沙」の2品目に絞り込んでいたが、2007年11月には、大分県名産のカボスを使った新製品の和菓子「豊のたちばな」を大分大学と共同開発し発売した。
  • 次へ »