大分合同新聞社

全て 名詞
12 の用例 (0.00 秒)
  • 発行元である大分合同新聞社は、発足当時は有限会社組織であった。
  • 大分合同新聞社の創立年とされる1886年は、豊州新報の創刊年である。
  • 大分県・大分県教育委員会・大分県体育協会・県内各市町村・大分陸上競技協会・大分合同新聞社の共同開催で、大分合同新聞社が冠スポンサーとなっている。
  • 大分合同新聞社の幹部社員が、娘の教員採用試験について大分市教育委員会の部長に口利きを依頼していたことが、2008年7月22日に明らかになった。
  • 大分県大分市長浜町に本社を置く大分合同新聞社グループのおおいたインフォメーションハウス株式会社が発行している。
  • 現在は毎年2月に開催される県内一周大分合同駅伝において大分合同新聞社が広報車の街宣用BGMとして使用している他、県内で開催される演奏会や県外の大分県人会で歌唱されており世代を超えて広く親しまれている。
  • 大分合同新聞社では、大分県での教員採用試験及び昇進に関する贈収賄事件が問題となっている中で、事件を追求すべき立場にある同社の社員が請託を行ったこと重く受け止めるとし、同日付で当該社員を降格処分にした。
  • 大分合同新聞社との関係は大分放送よりも強く、ヘッドラインニュースの最後ではほぼ必ず「以上のニュースは大分合同新聞の協力でお伝えしました」とアナウンスされる。
  • 豊後絞りは明治の半ばに姿を消し、昭和の頃には豊後絞りの名もほとんど忘れられていたが、平成に入ってから大分において染織研究家安藤宏子の指導の下地元の主婦らにより豊後絞りの復興が進められ、2008年には大分合同新聞社によりおおいた遺産の一つとして認定された。
  • また、1997年3月には大分合同新聞社賞を受賞するが、同年7月20日午後7時半頃、大分市で開かれた「第五十一期大分合同アマ将棋名人戦」の後、飲食店で関係者と打ち上げをやっていた最中に、突然具合が悪くなって座敷に横になった。
  • また駅から約700メートル、玖珠川を挟んで対岸にあたる塚脇地区には国道210号が通り、こちらにも商店街や郊外型の量販店、大分県警察本部玖珠警察署、大分合同新聞社玖珠支局などがある。
  • 商店街、大型店、大分合同新聞社玖珠支局、玖珠土木事務所などが立地し、玖珠郡の中心となっている。