大分トリニータ

114 の用例 (0.00 秒)
  • 大分トリニータ時代の公式プロフィールでは、奈良県出身となっていた。
  • サッカー部は地元のJリーグチームの大分トリニータと提携している。
  • 翌2001年は大分トリニータに移籍するがシーズン途中で退団した。
  • 大分トリニータと名前を変更してから初の主将に任命された。
  • 翌2011年に同じJ2に所属する大分トリニータに完全移籍した。
  • 翌2012年は大分トリニータへ期限付き移籍し大分のJ1復帰に貢献した。
  • 佐伯市総合運動公園では大分トリニータがJ2時代に一部の公式戦を行っていた。
  • 大分トリニータのクラブ・オフィシャル・サポーターになっている。
  • ボタフォゴを経て、2005年8月に大分トリニータへと移籍した。
  • 最終節の大分トリニータ戦で初めてベンチ入りした。
  • 大分トリニータの選手が出演するコーナーや、ホーム戦を専門的な視点で振り返るコーナーなどがあった。
  • 大分スポーツクラブは、大分県大分市にある、大分県サッカー協会とJリーグクラブ・大分トリニータが共同運営するサッカー場である。
  • 大分トリニータが、隣接する大分スポーツクラブと共に、トップチームの練習や下部組織の練習・試合で使用している。
  • 在学中の2004年に特別指定選手として大分トリニータに登録され、翌年に正式に入団した。
  • 同年の天皇杯2回戦では大分トリニータとの公式戦初の「大分ダービー」が実現した。
  • その際、それまで主練習場を持っていなかった大分トリニータが整備されるサッカー場を主練習場として使用することになった為、クラブハウス内に関係施設が整備され、大分トリニータとの共同管理の施設となった。
  • 大分トリニータのアカデミースタッフとして若手の指導に当たる。
  • 以前所属していた大分トリニータでは2006年から2007年にかけての2年間主将を務めていた。
  • ちなみに名古屋は、前年大分トリニータに特別指定選手として登録されていた松田に2得点を献上している。
  • プロデビュー前の1999年に当時J2だった大分トリニータに練習参加していた事がある。
  • 次へ »

大分トリニータ の使われ方