大刀

全て 名詞
1,779 の用例 (0.01 秒)
  • しかし忘れてはいけぬ 君の大刀と 私の機関銃を 用意することをこそ! 小熊秀雄『小熊秀雄全集-13』より引用
  • それが今、大刀を腰から抜いて脇差わきざしの方に微動の揺れも見られなかった。 五味康祐『薄桜記』より引用
  • いつまでも薩摩藩邸で大刀に打粉を打っていられない龍馬が伸びをした。 二宮隆雄『海援隊烈風録』より引用
  • 元は、かれの手が刀架の大刀へはしるのではないかと思って息を呑んだ。 光瀬龍『征東都督府』より引用
  • 大刀会の力に眼をつけた官憲に、いいように利用されるようになったのよ。 山田正紀『崑崙遊撃隊』より引用
  • その中の一人の手首が大刀をつかんだまま、大きく飛んで池の中へ落ちた。 池波正太郎『剣客商売 15 二十番斬り』より引用
  • その間に東吾は汚れた足袋を脱いでお吉に渡し、大刀を手に居間へ上る。 平岩弓枝『御宿かわせみ 22 清姫おりょう』より引用
  • 三冬が傍に用意してあった大治郎の大刀をつかんで外へあらわれた。 池波正太郎『剣客商売 13 波紋』より引用
  • 大刀会の反教会闘争は、義和団の乱の先駆をなすものであったといえる。
  • 人々は手に手に竹槍たけやりも持ち、抜身ぬきみの大刀を地に突き刺している者もある。 北杜夫『楡家の人びと (上)』より引用
  • そのときはじめて気がついたのは、それが大刀の方であったことだ。 山田風太郎『忍者六道銭』より引用
  • 大小の刀を帯びていない春蔵は、太いつえで又十郎の大刀を打ちはらった。 池波正太郎『剣客商売 13 波紋』より引用
  • MM先生は勿論若い時には髷を頂き大刀を腰にしたことのある人であつた。 寺田寅彦『蓑田先生』より引用
  • 大刀取りは左の手で右衛門の身を上へ持ち上げるようにして右足をいだ。 菊池寛『三浦右衛門の最後』より引用
  • 大刀を腰に差してはいても、その威力を存分に発揮させたことはない。 里中哲彦『鬼平犯科帳の真髄』より引用
  • 約千四百年前の眠りからさめた大刀は見事な黄金色に輝いている。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 06』より引用
  • 大刀会に入った頃には、私にもまだいくらかの霊力が残っていたわ。 山田正紀『崑崙遊撃隊』より引用
  • 二条家の宝物は、刃の大刀・降天の唐鞍の外に、真の鞭といふのがある。 折口信夫『愛護若』より引用
  • そこで夢の教えのままに、朝早く倉を見ますとほんとうに大刀がありました。 稗田阿礼『古事記』より引用
  • 何故というなら、四人のうちの三人が大刀を抜きはらっていたからだ。 池波正太郎『雲ながれゆく』より引用
  • 次へ »

大刀 で始まる単語