大凧を揚げる

8 の用例 (0.00 秒)
  • 面積が畳百畳分にも及ぶ大凧を揚げる「大凧まつり」の開催地としても知られた。
  • その後、西軍も大凧を揚げるが西軍側の大凧は綱を強く引くことにより高く舞い上がった後、左回りに回転し真っ逆さまに川面に突き刺さるような動きをする様に製作調整されており、タイミングを見計らって大凧の揚げ手が全力疾走すると東軍側の大凧の綱に絡み合うように落下し両軍の大凧は絡み合うことになる。
  • 滋賀県東近江市では面積100畳、重さ約700キロの大凧を揚げる「八日市大凧祭」が行われている。
  • これまでその起源は、室町時代の永禄年間に、引間城の城主であった、飯尾豊前守の長男・義廣公の誕生を祝って、入野村の住人であった佐橋甚五郎が義廣公の名前を記した大凧を揚げた、という史書『浜松城記』の記述を定説としていたが、近年になってこの縁起そのものが大正時代の創作であることがわかっている。
  • 両地区が信濃川の分流である中ノ口川を挟んで両岸から大凧を揚げて絡ませ、凧の綱が切れるまで引き合い勝敗を決める勇壮な祭である。
  • 凧揚げ合戦は、町ごとが「組」や「連」というかたちで参加し、それぞれ固有の町紋が描かれた大凧を揚げ、組同士で凧糸を切り合って競うものである。
  • 浜松まつりの凧揚げに関する記述としては、飯尾豊前守の長子・義広の誕生を祝い、入野村の住人佐橋甚五郎が義廣の名前を大書した大凧を揚げたことが起源であると記されている。
  • 他にも大凧を揚げる大会としては新潟市の「白根大凧合戦」、浜松市の「浜松まつり」、愛媛県内子町の「五十崎の大凧合戦」、他には相模原市、神奈川県座間市、埼玉県春日部市などの凧揚げ大会が知られている。