大公子

51 の用例 (0.00 秒)
  • 以下の4人の大公子・大公女が、スナルクランを実父とすると考えられている。
  • 互いに剣を抜いて斬りつけあったあげく、大公子の儀が落命したという次第である。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • これらの楽器は1700年のフェルディナンド大公子の所蔵楽器目録に記録されている。
  • 彼女さえきちんと身を処していれば、大公子が死ぬようなこともなかったと、生母のうん夫人が強く迫ったからである。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • フェルディナンド3世と呼ばれる場合もあるが、大公に即位していないので、ここでは大公子とする。
  • ドイツ首相バーデン大公子はこれを受け入れ、ドイツと連合国間で休戦協定が結ばれた。
  • 彼らはこの時から、大公子及び大公女の称号を授けられた。
  • マックス大公子はアメリカと連絡を取り、1918年10月にアメリカを介した連合国との講和交渉が開始された。
  • 第一次世界大戦が勃発すると大公子ルイはフランス陸軍に志願、軍功をあげ将軍に上り詰めた。
  • 和平交渉は10月3日に首相となったマクシミリアン・フォン・バーデン大公子の所掌下に置かれていた。
  • この決定を受けて首相ゲオルク・フォン・ヘルトリングは辞任し、議会多数派のドイツ社会民主党の支持を受けた自由主義者のマックス・フォン・バーデン大公子内閣が成立した。
  • この情勢の動きを見てマックス大公子の政府も皇帝退位の方針を固めつつあったが、ヴィルヘルム2世とその周辺はあくまで退位に反対した。
  • 彼女は傑の母、晏妃あんひの侍女だったが、以前から大公子のからも思いをかけられていたこと、二人の公子に言い寄られた侍女が舞い上がって、両方にいい顔をしたことが事態を混乱させた。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • また音楽に造詣の深かったトスカーナ大公子フェルディナンド・デ・メディチの歌唱の師だったと推測されている。
  • ヘッセン大公子カールと結婚した。
  • メディチ家最末期の トスカーナ大公コジモ3世の子であり相続者であったフェルディナンド大公子は音楽を愛し、強力なパトロンであった。
  • 双子の片割れとして生まれ、双子の兄はジャン大公子である。
  • ヘッセン大公子アレクサンダーとその貴賤結婚の妻ユリア・ハウケ伯爵夫人の間の第5子、四男として生まれた。
  • 皇太子妃の兄として宮廷に出入りのできたアレクサンダーがユリアを見そめたが、皇太子の義理の弟である大公子と一女官の恋愛沙汰を皇帝は認めなかった。
  • 洗礼式の代父母は父方叔父のジャン大公子と母方叔母のカタリーナ・メストレが務めた。
  • 次へ »