大先生

473 の用例 (0.00 秒)
  • それについては学者が大先生であるにちがいないというのでございました。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(下)』より引用
  • もちろん、大先生の政治力が最後になってものを言い始めたわけではない。 赤瀬川隼『球は転々宇宙間』より引用
  • 大先生達は秘かにこれが毒兵器にならないかという研究をはじめたわけだ。 泡坂妻夫『毒薬の輪舞』より引用
  • うちの大先生のいいつけで来たんですが、まるでなっちゃいなかった。 半村良『獣人伝説』より引用
  • ところがそうじゃなくて、まだその上に大先生というやつがいるんですよ。 横溝正史『黄金の指紋』より引用
  • 大先生の手にかかると、仲の悪いことまでが、共犯の証拠になるのかい。 坂口安吾『不連続殺人事件』より引用
  • 父もやはり自分と同様に、この大先生の処方に絶望している様子であった。 太宰治『惜別』より引用
  • それから、大先生が来るということは彼の妻にとっては大変な期待となった。 原民喜『美しき死の岸に』より引用
  • これでしたらいくらでもいますと答えると、大先生は非常に喜ばれた。 泡坂妻夫『毒薬の輪舞』より引用
  • こうした性格の反映として実さんは非常に大先生の言葉を気にする。 夢野久作『実さんの精神分析』より引用
  • 大先生がいなくなると、お役所や超大企業の上層部の動きが変わってきた。 赤瀬川隼『球は転々宇宙間』より引用
  • 俺は毎日のようにベットウトカゲを捕えては大先生のところへ運んだ。 泡坂妻夫『毒薬の輪舞』より引用
  • おみつが生まれたときには、私はもう大先生のおそばにおりました。 池波正太郎『剣客商売 13 波紋』より引用
  • 死にぎわの人間が何を考えているか、どんな大先生でも分りはしない。 赤川次郎『滅びの庭』より引用
  • いまこそわかりましたが、私は探偵たんてい一年生で、あなたは大先生です。 ドイル/延原謙訳『シャーロック・ホームズの帰還』より引用
  • そのときベッドの下から大先生の袖を引く者があった。 海野十三『戦時旅行鞄』より引用
  • サイノカワラ大先生の使い古しじゃ味が落ちてるだろうからやめたよ。 勝目梓『女王蜂の身代金』より引用
  • なお江戸の地へ着いたならば、大先生の指揮の下に、何かと事を運ぶよう。 国枝史郎『娘煙術師』より引用
  • 大先生の弟子になるためには、どれほどの金を納めるものなのか。 杉本苑子『大江戸ゴミ戦争』より引用
  • さすがは、大先生やオーナーたちの政治力と財力、それに洞察力である。 赤瀬川隼『球は転々宇宙間』より引用
  • 次へ »