大作rpg

9 の用例 (0.00 秒)
  • 積極的にムービーやボイスを利用する演出も他の大作RPGシリーズとは異なる。
  • 当作品は2007年3月号まで連載され、約2年に渡って大作RPGのコミカライズを見事にやり抜いた。
  • 次に、ファイナルファンタジーシリーズの成功により大作RPGのメーカーと認識されて久しい同社が、既に主要ジャンルとは呼べなくなっていたアドベンチャーゲームを作ったことである。
  • 企画された当時、任天堂ハードでは大作RPGが不足しており、「任天堂のファン向けに本格的なRPGを作る」という試みでキャメロットが開発した。
  • ゲームキューブでは数少ない大作RPGとして注目を集めた本作は、発売前から多くのゲームキューブユーザーの注目を集め、ニンテンドードリームでは大々的に取り扱われた。
  • テレビゲーム好きだが、B級ゲームを好み、大作RPGを嫌うマニアックな嗜好を持つ。
  • その他パズルボブルやテトリスの様なパズルゲーム、レーシングゲーム、シューティングゲーム等あったが、大作RPGや、本格対戦格闘ゲーム等当時のヒットジャンルの作品が無かった。
  • 当時、プレイステーションの大作RPG『ファイナルファンタジーVII』がさる理由により1ヶ月発売日が延期されることになり年末商戦向けのソフトがセガサターン、プレイステーション共にないということになった。
  • 株式会社ジー・モードではマジカルファンタジスタシリーズや、魔王カムパニーなどの大作RPGや、空気読み。