大作映画

137 の用例 (0.00 秒)
  • この大作映画を少しでもよくしようという思いに私は感動していた。 内館牧子『愛してると言わせて』より引用
  • その後も順調に活躍し、大作映画の貴重な脇の顔として親しまれている。
  • その後テレビシリーズやテレビ映画への出演、大作映画の脇役等が多かった。
  • 本作は、1962年に70mmフィルムで製作された超大作映画である。
  • しかし、最近では予算の大きい大作映画のVFXを多く担当している。
  • 近々、彼らを主人公にした大作映画が作られるという噂もある。 森見登美彦『美女と竹林』より引用
  • オスカー受賞後は、芸術的な映画に留まらず、大作映画にも積極的に出演した。
  • その後もB級映画やアート系の映画によく顔を出したが、近年は大作映画への出演が続いている。
  • 日本の近現代史を描く大作映画『アジアの嵐』の製作を企画していたが、実現することは無かった。
  • それゆえ、彼女はハリウッド大作映画への移行は出来なかった。
  • 以来ハリウッド映画をはじめとする大作映画はほとんどシネマスコープで撮影されている。
  • ハリウッドで製作する超大作映画みたいにファンタスティックな雰囲気のある夢だった。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第05巻 たったひとつじゃない冴えたやりかた』より引用
  • 制作開始からわずか九か月という、三時間近い大作映画としては異例の速さで完成したのも、そのおかげだ。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 復調した80年代は大作映画にも出演するようになった。
  • この中の一曲が大作映画のテーマソングに採用され、映画と共に、十年に一曲といわれるほどの怪物的ヒットとなった。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • また、ハリウッド映画の黄金期と呼ばれるのもこの時代で、長編の大作映画が次々に製作された。
  • 南極ロケを実施して総製作費は25億円とも32億円ともいわれたSF大作映画である。
  • 今はやりの大作映画には目もくれず、B級感あふれる映画を選択せんたくするのがいかにも先輩らしい。 沖田雅『先輩とぼく 01』より引用
  • 超大作映画であるにもかかわらず、本作における戦闘の場面や兵器が登場する場面は、その大半が過去に上映された映画から使い回されている。
  • 角川映画が久しぶりに大作映画の製作に乗り出して、製作費は50億円だった。
  • 次へ »

大作映画 の使われ方