大作志向

6 の用例 (0.00 秒)
  • レーガーは多作な作曲家であったが、同時に大作志向も強かった。
  • しかし体制や権力の側との対決は1970年代のスティーブン・スピルバーグの大作志向、ニューシネマの終焉により色あせてしまったこともあり内面の克服といったさらに内向きの傾向へ進んだり、テーマを過去の歴史や未来に求めてSFXの技術を導入したアクションものを大規模な予算で製作するなどへ変化している。
  • アメリカでは、テレビに対抗意識を燃やしたハリウッド企業の巨大資本化、超大作志向が続く一方で、ヌーヴェルヴァーグに触発されたインデペンデント系の映画が急速に芽を出し始める。
  • これと二作目の「サイボーグ」は、オルガン、および電気的な変調を駆使しつつオーケストラのストリングスを単音で延々と鳴らし続けさせるという変則的な曲調で、一曲あたりの時間が非常に長い大作志向であることを除いて後の作品とは一線を画している。
  • 本作がきっかけとなって、角川映画は1970年代の大作志向から、1980年代は薬師丸ひろ子ら角川春樹事務所の所属俳優が主演するアイドル路線のプログラムピクチャーに転換した。
  • たださえ制作費が多額なミュージカル映画は、それに見合った収益が見込める超大作志向に活路を見出す。