大作名誉会長

9 の用例 (0.00 秒)
  • また裁判結審後に創価学会を脱会した幹部はこの偽造写真事件は池田大作名誉会長が信者流出を阻止するため幹部に指示し計画されたものであったと証言している。
  • この放送に危機感を持った学会本部は池田大作名誉会長の名で全SGI支部へ座談会、総会、幹部会出席者に対への手荷物検査を実施するよう通達を出した。
  • 指導者としての池田大作名誉会長への個人崇拝が顕著であることから、創価学会はもはや宗教団体ではなく池田大作によって私物化された個人団体「池田教」との批判がある。
  • さらにAの弟が池田大作名誉会長に申し訳が立たないとして母親が無断で預かっていた退会届を破棄したこと、毎年少額の財務を母親は自分の氏名とAの氏名両方で振り込んでいた事を証言、さらに退会届の確認をした際に母親が「出した」と話したのは真実を言うと一悶着起こるためAのためを思いうそをついたのではと証言した。
  • 巻頭記事は「創価学会・池田大作名誉会長の醜聞が「月刊ペン事件」の裁判ですでにこれだけ暴露された」だった。
  • 当初はお客も増え、売り上げも上がったが、徐々に高額財務や池田大作名誉会長や公明党のポスターを店先に貼ってほしいなど要求がエスカレートした。
  • 学会員が池田大作名誉会長の秘書を名乗り、銀行を信用させ「創価学会関連の迎賓館を建設する」などと架空の話をでっち上げ、平成10年から15年にかけてみずほ銀行から計約14億円をだまし取った詐欺事件を起こした。
  • 現在設立14年の歴史の中で、受賞者はチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世、南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領、創価学会の池田大作名誉会長、そして「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジと、4人だけである。
  • また、小沢が金融特別委員会にて加藤紘一自民幹事長のヤミ献金問題による証人喚問を要求すると、与党は創価学会池田大作名誉会長の証人喚問を要求するなど半ば泥仕合の様相を見せ、結局加藤幹事長ならび創価学会秋谷栄之助会長の参考人招致で合意した。

大作名誉会長 の使われ方