大作事件

20 の用例 (0.00 秒)
  • 相馬大作事件が大衆に知られて人気が出たのは、柴田の高座からであると言われている。
  • なお、この一件は相馬大作事件の107年も前の出来事である。
  • この相馬大作事件によって、矢立峠は講談等を通し、全国に知られることになる。
  • 江戸時代の講談に取りあげられた「相馬大作事件」の種本や刊行物の類は現在は発見されていない。
  • 江戸後期には相馬大作事件の様に、盛岡藩の藩士が弘前藩主津軽寧親を暗殺しようとした事件も起きている。
  • 文政4年には家格が盛岡藩より上昇したことを妬まれて、相馬大作事件と呼ばれる暗殺事件も発生している。
  • 文政5年8月29日には、前年に相馬大作事件を起こした相馬大作が江戸で処刑されている。
  • 当時15~16歳で江戸にいた東湖は相馬大作事件の刺激から、後に『』を著した。
  • 秋田では相馬大作事件の真相を地区住民に尋ね、津軽では津軽海峡を通行するという外国船を見学しようとした。
  • 相馬大作事件で師匠の大吉と共に襲撃を弘前藩に密告した。
  • 宮城野錦之助の孫の喜七は刀匠を職業としていたが、相馬大作事件に関係し、その功績により弘前藩に武士として200石で仕官することになる。
  • これは「相馬大作事件」と呼ばれるが、この事件で寧親は、襲撃を避けようと幕府に無断で参勤交代の道筋を変えたことをとがめられた。
  • これが107年後、弘前藩主を襲う珍奇なテロ事件・相馬大作事件の際に因縁として持ち出されることになる。
  • 老中在任中、相馬大作事件の裁判や、桑名藩、忍藩、白河藩の三方国替えなどを担当した記録がある。
  • またこの家格向上により、対立関係にあった盛岡藩主南部利用より寧親が上座となり、これに対する屈辱から盛岡藩士の下斗米秀之進が寧親の暗殺を計画した相馬大作事件が引き起こされた。
  • なお、文政4年4月、盛岡藩の浪人である相馬大作による相馬大作事件が発生している。
  • 相馬大作事件を描いた『檜山大騒動』は10月末の撮影だったが、相馬大作役の当時五十になるアラカンは吹き替えなしで潜水シーンを撮っている。
  • 文政4年の相馬大作事件、岩木山麓の鬼沢民次郎一揆なども模宏が対処した。
  • 門人のうち、別格筆頭が相馬大作事件の相馬大作である。
  • 首謀者は盛岡藩の下斗米秀之進、変名「相馬大作」を名乗っていたことから「相馬大作事件」と呼ばれる。

大作事件 の使われ方