大作主義

31 の用例 (0.00 秒)
  • 内容的にもビジュアル重視で大作主義のメインシリーズとは趣が異なる。
  • 大作主義という言葉はコンピューターゲーム制作の手法についても用いられる。
  • こうした大作主義は、輸出先である西アジアの需要に応じたものと考えられる。
  • 一つはスクリーンを大型化して、テレビの画面では絶対実現できない超大作主義に走ったこと。 佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』より引用
  • 大手メーカーではゲームの大作主義・シリーズ物重視がより一層進み開発費の高騰が進んだ。
  • 特にゲームの場合、既に人気を得ている作品の続編が大作主義に則って作られることが多い。
  • この頃からレオーネはハリウッド大作主義を意識した作品を手掛けるようになる。
  • その後も大作主義を標榜し、大画面の豪放な屏風画を得意とした。
  • 上記の映画における大作主義同様、膨大な費用とスタッフを投じて制作されるものを指す。
  • それまでの大作主義やコンセプト思考は捨て、いずれもコンパクトな楽曲が並んでいる。
  • テレビの普及による観客動員数の減少に頭を悩ませたアメリカ映画界は、テレビでは実現できないことを目指し画面サイズの拡大や大作主義に手を伸ばし始める。
  • が、やがて大作主義への移行と共に、大映も大規模な特撮映画を製作するようになっていく。
  • 大作主義とは、アメリカ合衆国において1950年代から1960年代にかけて起った、映画製作の流行のこと。
  • LP両面で3曲という大作主義の最初のレコードである。
  • 特に大作主義は一時のハリウッドを席巻したが、そのことは映画監督を始めとする製作陣に精神的・肉体的な疲弊を呼び起こすと共に、制作本数の減少による新人監督のデビューの機会を奪い取ることになってしまった。
  • これは同時期に興っていたパンク・ムーヴメントへのアンチテーゼであるとも言われ、また衝動的なパンクと大作主義的なプログレの中間であると考える者もいる。
  • 赤狩りにより才能ある作家達の多くを一時的に失い、大作主義により残った作家達を疲弊させ新しい作家の登場の機会を阻み、さらには独禁法により安定的な興行システムを奪われたハリウッドは、結果的に黄金時代の終焉を迎えることとなってしまった。
  • また今村昌平監督作品として「ええじゃないか」を企画するも製作される事は無く、大作主義は掛け声のみで終わる。
  • サミュエル・ブロンストンは幾つもの大作主義の作品を創り上げその名を上げた名物映画プロデューサーだったが、必ずしも全ての作品で成功を収めたわけではなく、結局大きな借財を残したままハリウッドから立ち去ってしまった。
  • また前年1960年は日本でもテレビのカラー放送が開始され、テレビ受信契約数も300万台を突破しており、本格的なテレビ時代の到来を前に、日本の映画製作会社は各社こぞって大作主義と二本立て興行に活路を求め始めていた。
  • 次へ »