大作を手がけ

7 の用例 (0.00 秒)
  • 一般に絵師は晩年になると筆力が衰えるとされるが、華山は例外で最晩年に至るまで雄渾な大作を手がけている。
  • 製作を担当した宝塚映像は、かつて小津安二郎、岡本喜八、熊井啓らの大作を手がけたこともある関西唯一の東宝系製作会社だったが、その撮影所も現在は閉鎖されている。
  • 後に長編の大作を手がけさまざまな撮影技法を駆使していったが、デビュー作の『ドリーの冒険』は正味15分ほどの短編映画であり、映画はヒットした。
  • この頃から英一蝶と名乗り、深川の宜雲寺に住まい、市井の風俗を描く人気絵師として数々の大作を手がけた。
  • また、映画、ドラマのタイトルバッククリエイターとしても著名で「功名が辻」「坂の上の雲」「八重の桜」といった大作を手がけた。
  • 当初は『ヘルレイザー ゲート・オブ・インフェルノ』の監督や、『ルール2』の脚本家として、ホラー映画・スプラッター映画ファンの一部で名を知られている存在であったが、近年では『エミリー・ローズ』や、『地球が静止する日』といったメジャー大作を手がけている。
  • また、ブリテンの歌劇「ピーター・グライムズ」、「戦争レクイエム」などの大作を手がけている。