大作を多く

5 の用例 (0.00 秒)
  • この頃にはベルリンの街を題材とした一連の大作を多く発表している。
  • 当初はコメディが多かったが、次第にピンク時代の破天荒なところとは異なった端整な作風に転じ、シリアスな大作を多く手がけるようになる。
  • 特に、東映時代は東映京都のトップ監督として君臨し、東映オールスターの忠臣蔵映画を3本も演出するなど、プログラムピクチャー大作を多く手掛けた。
  • 以降、スペンサー・トレイシー、エリザベス・テイラー、モンゴメリー・クリフト、マーロン・ブランド、ヘンリー・フォンダなどの大スターを起用して、当時新技術だったワイド・スクリーンを駆使した娯楽大作を多く手掛けた。
  • そのためか、宋紫石門下では珍しく障壁画や屏風絵の大作を多く残しており、雑華院の襖絵「柳鴛図」「竹林七賢図」「波図」「孔雀図」14面、春光院の襖絵「波図」「松図」8面、大法院襖絵「叭々鳥図」8面、兵庫県養父市の祐徳寺襖絵「虎渓三笑図」4面、和歌山県由良町の興国寺襖絵38面などが挙げられる。