大体

全て 名詞
7,851 の用例 (0.02 秒)
  • それを知っている妹はまた大体の上においてむしろ父の同情者であった。 夏目漱石『明暗』より引用
  • 大体右の通りであるが、第二年度に於て多少変更されてゐる部分もある。 岸田国士『俳優教育について』より引用
  • 何日かかるのか只今では未見当ですが大体十五日ぐらいではないかしら。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • しかし大体はこの確信のもとに自由に彼のジヤアナリズムを公けにした。 芥川竜之介『続西方の人』より引用
  • その僕が小説を読んで、第一に感ずるのは大体の筋すなわち構造である。 夏目漱石『虚子君へ』より引用
  • 妾がはらからについて記憶していることは大体右のような事だけである。 海野十三『三人の双生児』より引用
  • 教育の実質的な学問の点から見れば、私共も西洋人も大体おなじものです。 兼常清佐『ニッポン音楽』より引用
  • 大体田舎での私の生活は東京へ帰ってから余り話題にならなかった。 宮本百合子『突堤』より引用
  • だ何か記してあったが、遺書の大体の意味はこういうのであった。 鈴木鼓村『二面の箏』より引用
  • 方向は大体同じに出ましたが、前に測ったときほど明瞭めいりょうではありません。 海野十三『幽霊船の秘密』より引用
  • 姉さんはどう思いますか、僕は大体哲学か倫理にしようと考えて居ます。 宮本百合子『道標』より引用
  • 社の方では私に私本位の下に述作する事を大体の上で許してくれつつある。 夏目漱石『道楽と職業』より引用
  • おとよが家の大体をいうと、北を表に県道を前にした屋敷構えである。 伊藤左千夫『春の潮』より引用
  • 翌日の朝から書き初める筈のその小説は、頭の中では大体出来上っていた。 豊島与志雄『小説中の女』より引用
  • 一社会層として見れば軍部と雖も平均すれば大体に於て中間層を出でない。 戸坂潤『世界の一環としての日本』より引用
  • 大体に於て素質が専門を択ばせる、少なくとも成功した選択ではそうだ。 戸坂潤『現代科学教育論』より引用
  • しかし、まだ彼女には汽車がいま大体どの辺を走っているのか見当がついた。 堀辰雄『菜穂子』より引用
  • 調査の結果、大体その庭下駄の跡は、四本の線をなしている事が判った。 大阪圭吉『石塀幽霊』より引用
  • 唯特定の限定をもった意味に於て、大体そのように云ったまでである。 戸坂潤『再び「科学の歴史的社会的制約」に就いて』より引用
  • 第一、日本人の声は大体に於て、西洋人が風邪を引いた時の声に似てゐる。 岸田国士『風邪一束』より引用
  • 次へ »

大体 で始まる単語