大ガラス

全て 名詞
72 の例文 (0.00 秒)
  • 大ガラスは翼を広げて、死者やかれらとともに働く者たちを迎えいれている。 ...
  • モールの司祭たちはかれらの管轄下に入った死者の首に、大ガラスの護符をかけていた。 ...
  • たみは、あの大ガラスに乗って行ってしまった床屋の赤次あかじのことを思いました。 ...
  • たみは大ガラスの背で身を起こすと、こわごわ、もう一度あの穴を見あげてみました。 ...
  • 私はその店の、道路に面した大ガラスのそばの席で、通行人をぼんやり見ながら打合せをしていた。 ...
  • Bでヘキエキするもう一つの理由は、急に食堂の大ガラス戸が二枚動かなくなりました。 ...
  • けれども、急に陽は落ちて、また湖の里は白いもやの中に消え、大ガラスは、雲の中にはいったのか姿が見えなくなりました。
  • りゅうが目を上げると、里の空のほうでユラリと輪をかいて、見たこともないような大ガラスが、まっすぐこちらの方向へ飛んできます。 ...
  • 日比谷公園内にある喫茶レストランで、公園を見わたせる二階の大ガラスが有名だった。 ...
  • そして一羽、たしかに黒森の入口で見かけた大ガラスが、黒い羽を大きく広げて小鳥たちの群れにまじっています。 ...
  • 薄暗い玄関ホールにはいると、ロボットだろう、黒々とした大ガラスが羽ばたきで迎えた。 ...
  • もともと杉の木たちは、鳥がにがてなところに、相手が戦いじょうずな大ガラスなので、自分がいちばん先にをあげたなどとみとめる前に、寝ていたふりをしようと思ったのかもしれません。 ...
  • 翼をたたんでも、老人の頭よりも大きいくらいの大ガラスで、老人は少し腕を曲げ、肩と腕とに両足を置けるようにしてやっている。 ...
  • 一年じゅうでいちばん美しい秋だというのに、カルヴィンスカの家の南側の大ガラス戸はいつも閉められたままでした。 ...
  • けど、昔話に出て来るブラァンという名の人達は、大ガラスとも関わりを持つことになってる。 ...
  • カラスはとても里では見られないような大ガラスで、子どもの背たけほどもある大きな羽をバサッバサッと闇にうちふるわせながら、奇妙な鳴き声をあげています。 ...
  • 大ガラスはゆっくりと風にのって飛び、はるか下に広がる谷底が、たみの目の中でぐるぐるまわっています。 ...
  • 次へ