大ガラ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 交差点のほうから三十歳ぐらいの大柄な女の人が歩いてくるのが見えた。 ...
  • そのすぐ前で仁王立ちになった大柄な騎士が、雷のような大声を放った。 ...
  • やや大柄ではあるが、仄暗ほのぐらい中では一層その白さが際立つ肌をしていた。 ...
  • 運搬車は大柄な男を載せるのに充分なだけの広さと長さをそなえていた。 ...
  • 山の天辺てっぺんから二メートルは軽くそうかという大柄おおがらな男が立ち上がった。 ...
  • 商売人というより、画家のような風貌と服装をした大柄な人物であった。 ...
  • 背後に立っていた大柄の男が私を引きずるようにして家の外に押しだした。 ...
  • Gは西洋人の血を受け大柄だがあまりきれいでない日本人の顔をしている。 ...
  • 最初からドイツ人の少年とよく一緒いっしょにいた、大柄で筋肉質きんにくしつの少年だった。 ...
  • 母はこの子は大柄だけれど六歳だから、払う必要はないのだ、といった。 ...
  • 大柄の女が着たものと見えて、小男の私には寸法も打ってつけであった。 ...
  • 密航者が小柄で軽く、パイロットである自分が大柄で重いと都合がいい。 ...
  • ギャビーよりも大柄だから、わずか三歩で壁につきあたってしまうのだ。 ...
  • 女の片手は、きつすぎるような青い服を着た大柄な若者の腕にかかっていた。 ...
  • 参考人と話すのも、現場で指示を出すのも、この大柄な楽士警官である。 ...
  • 朝顔形の鼻孔をした大柄な顔付きで肩までかかる黒い髪をたらしていた。 ...
  • 相場師はその前におおがらをくらって、その夜のうちに夜逃げをしていた。 ...