大きな肱掛椅子

17 の例文 (0.00 秒)
  • 男たちは彼女を暖炉のそばの大きな肱掛椅子に坐らせて、呼鈴を押した。 ...
  • 金色に染められた大きな肱掛椅子ひじかけいすの中で、彼女は身動きもしなかった。 ...
  • クリストフは窓のそばに大きな肱掛椅子ひじかけいすにすわって、膝の上に書物をひらいていた。 ...
  • クラーク夫人は、窓の近くの、大きな肱掛ひじかけ椅子にかけていた。 ...
  • こうして、大きな肱掛椅子に坐って背を丸め、すぐそばにお茶のお盆を置いて、彼女は彼の戻るのを待っていた。 ...
  • 彼女は入口に走りよって耳をすまし、窓から外をうかがい、また元の大きな肱掛椅子にもどってそれに身をうずめると、じっと考えこんだ。 ...
  • 翁は晶子を強ひて第一の椅子に着かせ、自身は書棚を背にしてその次の大きな肱掛椅子に着かれた。 ...
  • リントンは大きな肱掛椅子ひじかけいすにすわってうとうとしていました。 ...
  • 火が明るく燃え、暖炉の傍には大きな肱掛椅子。
  • 二人とも火に足をかざして、大きな肱掛椅子に腰を下し、新聞を読みながらしごく落着きはらってたばこをくゆらしていた。 ...
  • そして私は大きな肱掛椅子に身を埋めたのですが、それはボタン締めをした暗紅色の天鵞絨びろうどの古い家具で、そこで果てしない夢想に耽つてゐると、時の飛翔も少しはかろやかになるやうに思はれるのです。 ...
  • ほとんど毎夜、侯爵夫人の大きな肱掛椅子ひじかけいすの陰で小さなグループをつくる連中がいるが、ラ・モール嬢はこの中心だった。 ...
  • すると、小柄な老人夫婦が、それこそもうほんとによぼよぼの大変な年寄りが、深々と坐った大きな肱掛椅子から君のほうへ両腕を差しのばすだろう。 ...
  • エンマが店にはいると、大きな肱掛椅子はひっくり返り、「ルーアンの燈」さえ床の上の二本の乳棒にゅうぼうの間に散らばっていた。 ...
  • 明るい外から入ると薄暗い居間の中で、モイラは寝台ベツドと右の壁寄りの洋服箪笥との間に据えた、黒い革の、窪み窪みに同じ革のボタンを嵌めこんだような、大きな肱掛椅子にぐったりと寄りかかっていた。 ...
  • すると、ぐったりとなって、大きな肱掛椅子に腰を落し、放心のていで、瞼を半ば閉じ、心地よい悔恨の念に駆られて低い声でこう呟きながら、チビリチビリと己れの罪業を味わっていました。