大きな円筒

27 の用例 (0.00 秒)
  • 部屋の中央部は、大きな円筒型の壁になっていて、その中には何があるのか分らなかった。 海野十三『宇宙尖兵』より引用
  • しばらくすると、枠は大きな円筒とうになりそうな様子を見せた。 クーパー『(闇の戦い2)みどりの妖婆』より引用
  • おそらくは、小感星の中をくりぬいて作った、大きな円筒えんとうなのだろう。 野尻抱介『クレギオン 3 アンクスの海賊』より引用
  • また、LVTを収容できる様、大きな円筒状の収容室が艦後方に装着された。
  • 嘉量は大きな円筒形の枡の左右に1つずつ小さな枡がついた構造となっている。
  • 朝顔形に先の開いた大きな円筒に、小銃に似た台尻のついた武器をもっている。 P・J・ファーマー『地球の壁の裏に』より引用
  • わたしのそばには厚紙でできた大きな円筒があった。 ジョン・ヴァーリイ『ブルー・シャンペン』より引用
  • 小さなとんがり帽子ぼうしが大きな円筒えんとうり回す、そのカが足りないのではないか。 野尻抱介『ロケットガール 03』より引用
  • それは六つの車の上に載つて、此方の端から向ふの端まで行つてゐる、此の大きな円筒だ。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 中央にペチカといって大きな円筒形の壁のなかで火をく暖房装置があり、壁の厚い構造であった。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用
  • それに、収穫したものを納めておくのだと思われる、屋根のついた大きな円筒形の建物が四つである。 眉村卓『不定期エスパー8』より引用
  • コンロの上の大きな円筒形の湯沸し缶からはいつも白い湯気が立ちのぼっている。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • 回廊のいたる所に透明な物質で造られた大きな円筒が、たくさんの人々を容れてすばらしい早さで上下していた。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • さらに大きな板ガラスを作るには、吹きガラスの製法で大きな円筒状に形成し、それを切り開いて平らにして作っていた。
  • その大きな円筒は、表面がへんに焼け焦げたようになって、そうしてちかちかと、薄い光がさしていた。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 長い大きな円筒に限られた、『もう二度と見られないにちがいない』アイスランドの空を、これが最後と見おさめた。 ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • 大きな円筒ドラムに、七十五発の弾丸を詰め込んだ重い弾倉を、銃にしっかりと装着した。 時雨沢恵一『リリアとトレイズⅥ 私の王子様〈下〉』より引用
  • シェーラは、屋根のついた大きな円筒形の建物が四つ並ぶあたりに向かいながら、また喋りだした。 眉村卓『不定期エスパー8』より引用
  • 部屋の一方の壁には、ビルの屋上の給水タンクのような、大きな円筒形のタンクが三つ、台座に据えつけられていた。 山本弘『妖魔夜行 私は十代の蜘蛛女だった』より引用
  • 手回しオルガンのようなピンの突き出た大きな円筒や連続紙または19世紀後半以降普及したロール紙型のパンチカードを使って操作される。
  • 次へ »