大きく切り裂か

12 の用例 (0.00 秒)
  • 笈野がそう言った時には、のどを大きく切り裂かれていたからだ。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • 胸から腹までをくさりかたびらごと大きく切り裂かれ、血が大量に流れ出している。 ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』より引用
  • そしてのどが大きく切りかれている。 赤川次郎『魔女たちのたそがれ』より引用
  • すでに片側を大きく切り裂かれていた兜は、そこから上下に割れるように騎士の頭から剥がれた。 九里史生『SAO Web 0404 第七章01』より引用
  • 大きく切り裂かれた背負い籠が、木の根元に放り出されている。 森永あい『原作/塚本裕美子 著 山田太郎ものがたり たのしいびんぼう』より引用
  • 肖像画は、刃物で大きく切り裂かれていたのである。 赤川次郎『冒険入りタイム・カプセル』より引用
  • 男のズボンのふくらはぎが大きく切り裂かれ、そこが見るまに血でにぶく光りはじめた。 勝目梓『私設断頭台』より引用
  • マイブの胸が大きく切りかれていた。 阿智太郎『僕の血を吸わないで2』より引用
  • たすくの着衣のどこかが大きく切り裂かれ、同時にたすくの長剣は相手の白刃を高く宙に飛ばしていた。 光瀬龍『寛永無明剣』より引用
  • 扉は大きく切り裂かれた。 安田均×下村家惠子『ソード・ワールド・ノベル 死せる神の島(下)』より引用
  • ルーペンスの着衣は、大きく切り裂かれ、胸がはだけられている。 細江ひろみ『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ あまたの地、あまたの人』より引用
  • 見れば、簡素なチュニックは大きく切り裂かれ、右胸から左腹部にかけての肌に無数の棘が作った醜い傷痕が一直線に走っている。 九里史生『SAO Web 0404 第七章01』より引用