大きく傾き

87 の用例 (0.00 秒)
  • たちまち銃火が連続してひらめき、小爆発が起きて天井は大きく傾きだした。 松岡圭祐『千里眼 美由紀の正体 下』より引用
  • 六月末の陽も西に大きく傾き、正面から本村の部屋の窓を照しはじめた。 堺屋太一『油断!』より引用
  • 李斎もまた、驕王の朝が大きく傾き、沈みつつあることを分かっていた。 小野不由美『十二国記 09 黄昏の岸 暁の天』より引用
  • 冬の太陽は早くも西に大きく傾き、海からの生臭い風が吹いている。 大石圭『自由殺人』より引用
  • 大きく傾き、真紅に濡れていく眼の中を、黒いコート姿が遠ざかっていった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター07a D-北海魔行 上』より引用
  • 外鈑は巨獣が爪をとぐような音をたててきしみ、床は大きく傾きはじめた。 光瀬龍『墓碑銘二〇〇七年』より引用
  • そのまま何秒か飛び続けたが、岸まであと少しというところで体が大きくかたむき、翼のはしが水面にれた。 山本弘『サーラの冒険 Extra 死者の村の少女』より引用
  • 日は既に西に大きく傾き、見ている間にも、あたりは徐々に濃いあかねに染まっていく。 明野照葉『輪(RINKAI)廻』より引用
  • 銀の月が大きく傾き、暗い菫色すみれいろにあせてゆく空に刻々と輝きを増しはじめた。 辻邦生『天草の雅歌』より引用
  • 世界が大きく傾きながらすうっと遠のいて、周囲がたちまちのうちに空だけになっていく。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その4』より引用
  • 一瞬ののち、車は大きく傾きながら垣根のなかに飛び込み、一度に上下左右へと揺れた。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • ジャンボ機は大きくかたむき、二二〇人の絶叫とともに墜落ついらくを開始した。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(上)』より引用
  • ブリッジのゆかが大きくかたむき、ぼくは思わず横の椅子いすにつかまった。 鷹見一幸『アウトニア王国奮戦記 第01巻 でたまか 問答無用篇』より引用
  • 左翼の揚力が大幅に低下したため機体も左に大きく傾き、最終的には回復不能となり墜落した。
  • すでに、戦局が大きく傾きだしたのは、民間にあった中神でも推察することができた。 泡坂妻夫『亜愛一郎の狼狽 (亜愛一郎シリーズ1)』より引用
  • 会社の業績は大きく傾き、1895年には従業員はわずか7人にまでになってしまった。
  • 北風の烈しい日で、船は今にも沈むのではないかと思うほど左右前後に大きく傾き揺れていた。 井上靖『おろしや国酔夢譚』より引用
  • カップが大きく傾き、コーヒーがテーブルにこぼれてしまう。 米澤穂信『夏期限定トロピカルパフェ事件』より引用
  • そのとたんヨットは大きく傾き、私の体は一瞬宙に浮いた。 群ようこ『アメリカ居すわり一人旅』より引用
  • 彼の心の中の天秤てんびんばかりは、どっちにも大きく傾き、その揺れはそう簡単には収まりそうもなかった。 今野緒雪『マリア様がみてる 18 特別でないただの一日』より引用
  • 次へ »

大きく傾き の使われ方