大がかりな設備

9 の用例 (0.00 秒)
  • しかし生物兵器の中には、ある程度の知識と技術があれば大がかりな設備がなくても製造することができるものも存在する。
  • この方式では、地上側にはそれほど大がかりな設備は必要ないものの、ホッパ車は構造が複雑なため製作費がかさむ。
  • 大量のポロニウム210を人工的に作るには、原子力施設など大がかりな設備が必要とされる。
  • しかし木炭は大がかりな設備への使用は適さず、期待される需要に木炭で応えるには木材の消費量が過大となり、実際に製鉄を行っている地域の木材の消費は限界に達した。
  • パソコンとソフトウェア音源さえあれば、大がかりな設備投資をする必要無くDTMを楽しめるといったことで、90年代から一般の趣味としても普及し出した。
  • 反射する電波は微弱かつドップラー効果があり、かつ月も地球も自転・公転により移動するため、通信をしない電波天文学に比べ、大がかりな設備を必要とする。
  • だが、1940年代までの主たる録音手段は、録音ミスが許されないSPレコードとフィルム・サウンド・トラックのみで、いずれも録音メディアとしては高価であり、ジョベールのように映画音楽録音などで大がかりな設備を利用できない限り、編集の自由度はかなり低かった。
  • コールセンター、あるいはコンタクトセンターと呼ばれる仕組みを構える必要があるため、大がかりな設備と人材が必要になる。
  • 風光明媚な鷲羽山への観光客増加も手伝って、昭和30年代に全盛期を迎え、重要拠点ゆえに老朽化が目立った児島・下津井両駅の新築による建て替えなどの大がかりな設備投資も順次実施されている。