夢にも

全て 副詞
2,669 の用例 (0.02 秒)
  • まさか自分の班のだれかの制服が利用されたとは夢にも思わないらしい。 阿部牧郎『誘惑魔』より引用
  • 彼等は今度の整理で市の財政が立ち直るなどとは夢にも信じてはいない。 戸坂潤『社会時評』より引用
  • しかし、この島のこの家でこんな仕事をしようとは夢にも考えなかった。 クリスティ/清水俊二訳『そして誰もいなくなった』より引用
  • 生きたままで死ぬことがこれほど簡単だったとは、夢にも思わなかった。 荒俣宏『帝都物語3』より引用
  • マコトがそんな質問をするとは夢にも考えていなかったから驚いたのだ。 入間人間『電波女と青春男 第03巻』より引用
  • まさか日本が戦いに敗れるなどとは夢にも思っていなかったからである。 平岩弓枝『旅路(下)』より引用
  • 徳川時代のような身分の固定した社会では夢にも考えられなかったことだ。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • と言っても、私がハイドを復活させようなどと夢にも思ったのではない。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』より引用
  • ぼくがもう一組のおなじカードを買ってきたものとは夢にも思わない。 鮎川哲也『りら荘事件』より引用
  • それが、お前さん、夢にも私はそんなことを思ったことの無い時だぞや。 島崎藤村『家』より引用
  • 精神異常者はな、自分を異常者などとは夢にも思わないから破綻しない。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • わたしがこんなことになるなんて夢にも思っていなかったのでしょう。 シムノン/長島良三訳『メグレの打明け話』より引用
  • 彼はいま目にしたようなことになろうとは夢にも思っていなかったのである。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(3)』より引用
  • しかし、直接的な理由があって聞いているんだとは夢にも思わなかった。 ドイル・アーサー・コナン『悪魔の足』より引用
  • まさかこのひとが、そんな態度をとろうとは夢にも思わなかったのだが。 ルソー/桑原武夫訳『告白(上)』より引用
  • 以前は私が実の娘であろうとは、夢にも考えたことがなかったのです。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(3)』より引用
  • その時には、バセットが殺されたなんて夢にも思っちゃいなかったんだ。 ガードナー/能島武文訳『義眼殺人事件』より引用
  • 彼はこのことが美しい若い妻の心に残っていようとは夢にも考えなかった。 ディケンズ/本多顕彰訳『二都物語(上)』より引用
  • 王子は自分を逃がした者が十六の少年とは夢にも思っていないはずだ。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • あの時はもちろん、それが遺影に使われるなどとは夢にも思わなかった。 大石圭『自由殺人』より引用
  • 次へ »