夢かうつつか

17 の例文 (0.00 秒)
  • ふと、今いるところが夢かうつつかわからぬような気がしました。 ...
  • まだ夢かうつつか分からないまま、葵は床に転がって、辺りを見回した。 ...
  • グリゼルダは驚きのあまり、ただもう夢かうつつかと、相手が何を言っているやらよくもわからなかった。 ...
  • 一瞬寝たんだか起きたんだか、夢かうつつか、何がなんだかわけがわからなくなるあれだが、しかし今回は、一瞬が過ぎ、目がさえたあとでもわけがわからなかった。 ...
  • それはまさしく夢かうつつかわからぬ話だ。 ...
  • それが夢かうつつか判然としてない。 ...
  • 夢かうつつかもわからぬまま、スリナァは夜が白むまで、瑠璃色の海のなかをすべるように走っていった。 ...
  • 夢かうつつか、おどろき見れば、わが身は裂けて、血は流れるじゃ。 ...
  • 宮は、色あざやかなお召物を、すすめられるままにまとわれたが、夢かうつつかというお気持である。 ...
  • 比夏留は、少しまえ、森のなかにある蓬莱洞ほうらいどうという洞窟をひそかに探検し、夢かうつつかわからないような体験をしたところであり、当分、森に近づく気はなかった。 ...
  • 夢かうつつか、おどろき見れば、わが身は裂けて、血は流れるぢゃ。 ...
  • 輔子は「夢かうつつか」と涙を流して招きいれ、重衡はこれまでのことを物語りして、出家して髪を残したいがそれも叶わないのでと額に垂れた髪をひと房噛み切って輔子に渡し形見とした。 ...
  • 「この役、果してくれる者は、お前のほかにない、と、わしは信じる」 右京は、夢かうつつか、といった状態でこの声を聞いていた。 ...
  • それが夢かうつつか分からないまま、 「ひょろひょろひょ〜〜〜〜ん」 と、声を上げたところで啓太はばったりと前に倒れ、意識を失った。 ...
  • そこから、「夢かうつつか」という慣用句が生まれ、こうした慣用から「夢心地」の意に誤用されることも多くなったらしい。 ...
  • おんな三人ピタゴラス、夢かうつつか、夢ならば。 ...