夜間

全て 名詞
8,821 の用例 (0.02 秒)
  • それまで軍は夜間に行動していたが、今度はそれも自由ではなくなった。 中山義秀『碑・テニヤンの末日』より引用
  • 第二次大戦中の占領下の冬のパリには、夜間外出禁止令が出されていた。 森瑤子『さよならに乾杯』より引用
  • もっともこの時期においては、商人たちの夜間上陸も許されてはいない。 R・E・ハワード『征服王コナン』より引用
  • しかしブラジルでは、昼間部と夜間部とで、差をつけられることはない。 佐木隆三『旅人たちの南十字星(「逃亡射殺」に改題)』より引用
  • この一週間でエリオが四度ほど夜間外出しているのを、真は知っていた。 入間人間『電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版』より引用
  • 人が見たとしてもどこかの連隊が夜間演習をしているとしか思うまい。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 犯人が行動を起こすのは、完全に夜間飛行に入る第二周めからだろう。 天藤真『大誘拐』より引用
  • 当時は連合軍の飛行機がさかんに飛ぶので、行動は夜間に限られていた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 昼間のニューヨークがどんなものだか知らないが、夜間よりはましだろう。 フレドリック・ブラウン『発狂した宇宙』より引用
  • この街では、夜間に一人歩きをしようなんて人はいなくなってしまったのだ。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • それにしても夜間撮影会とは、石井にもそんな面があるのか、と思った。 松本清張『危険な斜面』より引用
  • 魔女の飛行は夜間飛行であり、夜が飛行のキーワードになっているのだ。 竹下節子『パリのマリア』より引用
  • この夜、オランダの運命を決した夜間空中戦がおこなわれたのであった。 ウエルズ/水嶋正路訳『解放された世界』より引用
  • 竜遠寺の夜間拝観用の整備を最後の仕事にすると、周囲に言っていた。 柄刀一『400年の遺言 死の庭園の死』より引用
  • 学園都市の外周で夜間は交通も少ないこの道には、現在車の影は全くない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第08巻』より引用
  • 夜間のデリケートな仕事に夢中になっている良心的な職人のようだった。 シムノン/長島良三訳『メグレと殺人者たち』より引用
  • 三人の女どもは、その夜間の猶予の間にまったく姿を隠してしまった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 住宅地の中の立地環境のよい公園であるが、夜間の利用者はほとんどない。 森村誠一『棟居刑事の復讐』より引用
  • そしていったん地上に戻り、一八時から二〇時でもう一度夜間警備についた。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • 男は一昨夜の夜間フロント係、女は緑たちの部屋を担当した仲居だった。 深谷忠記『寝台特急「出雲」+-の交叉』より引用
  • 次へ »

夜間 で始まる単語