夜行性

721 の用例 (0.00 秒)
  • 昼間寝て夜起きている、いわゆる夜型のことを夜行性と言うことがある。
  • 主に樹冠部にいて警戒心が強いうえ夜行性のためなかなか見つけにくい。
  • 主に薄明活動性で、人間の手の入った区域では夜行性になりがちである。
  • これら夜行性の生物は島の洞窟から蝙蝠のごとく飛んできたようだった。 クラーク・アシュトン・スミス/大瀧啓裕訳『ゾティーク幻妖怪異譚』より引用
  • 潮が引いた湿地上で活動するが、夜行性が強く昼間はあまり出てこない。
  • これらは、多くが元々夜行性で、森で活動していたためと考えられている。
  • 夜行性の彼の活動開始は、夜がすぐそこまで訪れていることを教えてくれる。 新堂冬樹『ある愛の詩』より引用
  • 私はというと、普段が夜行性なだけあって簡単には眠りにつけない。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • その双眸そうぼうが夜行性の獣のように輝いているのに、人々も気づいていた。 水野良/白井英/山本弘『妖魔夜行 悪魔がささやく』より引用
  • これは初期の哺乳類が主に夜行性だった事が影響したと考えられる。
  • 主に夜行性で昼間は岩の下や土の中、何かの隙間に居る事が多い。
  • 夜行性で、起きている時間の大部分を木の枝の上で餌を探して過ごす。
  • 哺乳類が生まれたのは今からおよそ二億年前だが、しばらくは夜行性だった。 澤口俊之『あぶない脳』より引用
  • 夜行性で昼間は樹洞や木の横枝などでほとんど動かず目を閉じで休息している。
  • 夜行性の僕にとって、朝の九時といえば真夜中といってもいいような時間帯だ。 月村奎『レジーデージー』より引用
  • こんな生活を続けていたら、しまいには夜行性の人になってしまいそうです。 田中ロミオ『人類は衰退しました 02』より引用
  • 基本的に夜行性で、群れを基本とした階級社会的な動物である。
  • 夜行性およびそれによる収斂進化からフクロウ目との類似も指摘されてきた。
  • 夜行性で、日中は他の動物の巣穴の中や草むらの下に隠れている。
  • どこの出版社のどの編集部にも、コウモリのような夜行性編集者が必ずいます。 浅田次郎『姫椿』より引用
  • 次へ »