夜行快速

31 の用例 (0.00 秒)
  • JR化後に設定された夜行快速列車に充当する車両についても同様の改造を受けている。
  • 当日は臨時の特急や、東京方面へ帰りの客への夜行快速列車など臨時列車が運転されることもある。
  • かつて運行された列車としては、2001年頃までゴールデンウィーク時期に新宿発当駅着の臨時夜行快速があった。
  • これによって、夜行快速「ムーンライト」はすべて臨時列車となった。
  • 本項では、中央本線東京駅 - 塩尻駅間で運転されていた夜行快速列車・普通列車の沿革についても記述する。
  • 臨時列車ながら、最長距離を走る夜行快速列車であった。
  • 同機牽引による3両編成の夜行快速列車「夜行ちどり」の運転も行われた。
  • また、本項では2006年まで快速列車として運行されていたゲレンデ蔵王、およびその他の583系を使用した東北対関東間の臨時夜行快速列車についても解説する。
  • そこに以前からJR各社が夜行快速列車名に採用している「ムーンライト」を冠したものである。
  • 旅客列車は、クルンテープ駅との間で運行される直通夜行快速列車1往復のみとなっている。
  • ムーンライトながらは、東京駅 - 大垣駅間を東海道本線経由で運行する夜行快速列車である。
  • その一方で、首都圏 - 新潟県間では1988年から夜行快速列車「ムーンライトえちご」が定期運行されるようになった。
  • また一部のシュプール号は線区によって普通列車扱いのため、期間によっては青春18きっぷの利用ができる夜行快速に取って代わられた。
  • JR各社が夜行快速列車名に採用している「ムーンライト」に、本列車が走行する山陽地方から採られたものである。
  • なお、夜行快速列車「ムーンライト」を冠に掲げる3列車には、185系特急形電車や、183系特急形電車・特急形電車が使用されることが多い。
  • ムーンライト八重垣とは、かつて西日本旅客鉄道が京都駅または大阪駅 - 出雲市駅間を東海道本線・山陽本線・伯備線・山陰本線経由で運行していた臨時夜行快速列車である。
  • 民営化後に6両が夜行快速列車「ミッドナイト」用に改造転用されたが、それ以外は非冷房のまま1997年までに廃車された。
  • かつては普通列車の他にも、朝時間帯の豊橋方面発名古屋方面行き区間快速や東京発大垣行き夜行快速「ムーンライトながら」も停車していたが、前者は2006年10月1日のダイヤ改正、後者は2009年3月14日のダイヤ改正で臨時列車となったため、当駅停車が消滅している。
  • 上記の状況に危機感を抱いたJR北海道は1988年7月から、当初は毎日運転の臨時列車扱いで函館 - 札幌間に室蘭本線・千歳線経由で全車指定席の夜行快速列車「ミッドナイト」を新設した。
  • 「ムーンライト」は直訳すれば「月の光」となり、夜のイメージにつながることから夜行列車の列車愛称として適しているため、様々な夜行快速にその名が与えられている。
  • 次へ »

夜行快速 の使われ方