夜行優等列車

5 の用例 (0.00 秒)
  • 本項では、京阪神と長崎県を結んでいた夜行優等列車の沿革についても記述する。
  • 本項では京阪神と信越地方を北陸本線経由で運転されていた夜行優等列車の沿革についても記す。
  • 夜行優等列車についてはかつて、線内で運行される急行列車や、当路線沿線と山陰・四国・九州・北陸・東北方面を結ぶ寝台特急・急行が多数存在し、このうち客車を使用した寝台列車はブルートレインと呼ばれた。
  • 京阪神と九州を結ぶ「なは」「あかつき」が2008年3月14日発の運行をもって廃止されたため、翌日の3月15日以降廃止まで併結する「富士」とあわせて関東・東海・京阪神から九州へ直通する最後の定期夜行優等列車であった。
  • 当時、上野駅を発着する北陸方面夜行優等列車として「北陸」「能登」のほか「越前」が運行されていた。