夜行

全て 名詞
2,736 の用例 (0.02 秒)
  • 昼間寝て夜起きている、いわゆる夜型のことを夜行性と言うことがある。
  • 夜行路線バスで一般的な独立3列シート・トイレ付き車両で運行される。
  • 主に薄明活動性で、人間の手の入った区域では夜行性になりがちである。
  • 日中はすべての定期列車が停車するが、上越線の夜行列車は停車しない。
  • 比較的走行距離が短い夜行列車では時間調整として行なわれる場合もある。
  • そこで、夜行列車で移動しながら、毎日違う町で試合を見ることにした。 後藤健生『ワールドカップの世紀』より引用
  • これら夜行性の生物は島の洞窟から蝙蝠のごとく飛んできたようだった。 クラーク・アシュトン・スミス/大瀧啓裕訳『ゾティーク幻妖怪異譚』より引用
  • 夜行利用以外に運転区間両端での始発・最終列車としての一面もあった。
  • したがって日曜日の二十二日に夜行日帰りで行って来られぬこともない。 森村誠一『日本アルプス殺人事件』より引用
  • 上記以外にも、東京周辺と京阪神とを結ぶ夜行高速バスは多数存在する。
  • 過去には本州行き夜行便も運行していたが現在は全て廃止されている。
  • 潮が引いた湿地上で活動するが、夜行性が強く昼間はあまり出てこない。
  • 長野までは夜行では半端で、それから電車が二時間余でバスが猛烈なの。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • その頃上方と東京の間の旅は必ず夜行だったから朝の到着となったのである。 大岡昇平『幼年』より引用
  • しかし夜行はそれらを製作、遊戯の神のカードを倒す為に使用している。
  • これらは、多くが元々夜行性で、森で活動していたためと考えられている。
  • 仲のいい同士、ひたいを集めて、日夜行末の相談をしている人々もあった。 大佛次郎『赤穂浪士(上)』より引用
  • 昨夜は宿をとりたくないばかりに、夜行で稚内わつかないに行ってきたと彼はいった。 三浦綾子『孤独のとなり』より引用
  • 夜行性の彼の活動開始は、夜がすぐそこまで訪れていることを教えてくれる。 新堂冬樹『ある愛の詩』より引用
  • 人にあらざる者が和州の城市まちを夜行しているという噂が流れていた。 田中芳樹『五代群雄伝 張訓出世譚』より引用
  • 次へ »