夜会服をつけ

8 の用例 (0.00 秒)
  • 女は夜会服をつけ首筋をあらわにし頭には花をさしていた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 元気でとてもよくお食べになるかたらしく、夜会服をつけなければ、食事がのどをとおらないようよ。 ウェブスター/北川悌二訳『続あしながおじさん』より引用
  • まるで死出の化粧のように、美しく、純白の夜会服をつけて。 横溝正史『仮面劇場』より引用
  • 夜会服をつけた娘が三人、花束のようにかたまって、嬉しそうに恥かしそうに、人中を抜けて出て行った。 宮本百合子『伸子』より引用
  • それから、ちょうど六時四十五分に、ドナルド・カークが、鼻眼鏡をかけ、夜会服をつけた背の高い青年をつれて、のっそりとエレベーターから出て来た。 クイーン/石川年訳『中国切手殺人事件』より引用
  • 彼女は、クリーム色のシフォンの上に、黒のシャンティ・レースの薄いきとおるような夜会服をつけていた。 ダイン/瀬沼茂樹訳『カナリヤ殺人事件』より引用
  • ヴェリーが命令を出すと、まもなく、夜会服をつけ、オリーブ色の顔に黒い口髭くちひげのある、中肉中背の男が、刑事につれられて来た。 クイーン/石川年訳『ローマ劇場毒殺事件』より引用
  • 賑かさの中心は、ブラックで、その先頭に立つマラ・ゲイは、ほとんど肌のすける夜会服をつけて、この世ならぬ美しさだ。 クイーン/石川年訳『アメリカロデオ射殺事件』より引用