夜会のこと

7 の用例 (0.00 秒)
  • 夜会のことは、やっと前の晩に耳にしたばかりであった。 ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(下)』より引用
  • そろそろ例の夜会のことも考えていい頃だ。 チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「燈火」』より引用
  • それから、同業者のために毎木曜日に催す盛大な夜会のこと。 ウルフ/大澤実訳『ダロウェイ夫人』より引用
  • 夜会のことを訊いた。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ11 〔映画版〕虹色の地獄』より引用
  • ベラコンスカヤ夫人を招待したエパンチン家の別荘の夜会のことをワルワーラ・アルダリオノヴナは、やはり寸分の間違いもなく伝えたのであった。 ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(下)』より引用
  • 彼がここで一仕事もくろむ気になったのは、あるレストランの食卓で今夜の夜会のことを小耳にはさみ、その上、なにげなく、食卓の上においてあった招待状に巧みにメニューをかぶせて、まんまとそれを手に入れることができたからであった。 フリーマン/大久保康雄訳『歌う白骨』より引用
  • それでも、ときに、夫が役所に行っている留守中、窓ぎわに腰をおろし、あの昔の夜会のことに、自分があんなに美しくあんなにちやほやされて女王のようにふるまった舞踏会のことに、思いをはせることがあった。 モーパッサン/杉捷夫訳『くびかざり』より引用